呼吸器系の機能障害(66問)  状況設定問題

第102回 午前93問

次の文を読み問題3に答えよ。
Aさん(58歳、男性)、建築作業員。趣味はジョギングで毎日5kmを走っている。55歳のときに肺気腫を指摘されている。1か月前から咳嗽が続いて止まらないため、自宅近くの病院を受診した。胸部エックス線撮影で異常陰影が認められ、精密検査の結果、右下葉に肺癌が見つかり、標準開胸右下葉切除術が予定された。20歳から喫煙歴があり、肺気腫を指摘されるまで1日40本程度吸っていた。

問題3
エアリークは自然に消失し、経過は良好であるため退院予定となった。体動時の痛みは持続しているが、ADLに支障はない。

Aさんへの退院時の生活指導として適切なのはどれか。
  • 1. 「傷の痛みはすぐによくなりますので心配ありません」
  • 2. 「リハビリテーションはジョギングから始めましょう」
  • 3. 「外出時はマスクを使用してください」
  • 4. 「退院後2、3日から入院前と同じ仕事をしても大丈夫です」
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2022 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ