内部環境調節系の機能障害(67問)  疾患と看護

第105回 午前44問

Aさん(59歳、男性)は、糖尿病で内服治療中、血糖コントロールの悪化を契機に膵癌と診断され手術予定である。HbA1c7.0%のため、手術の7日前に入院し、食事療法、内服薬およびインスリンの皮下注射で血糖をコントロールしている。Aさんは、空腹感とインスリンを使うことの不安とで、怒りやすくなっている。

Aさんに対する説明で適切なのはどれか。
  • 1. 「手術によって糖尿病は軽快します」
  • 2. 「術後はインスリンを使用しません」
  • 3. 「少量であれば間食をしても大丈夫です」
  • 4. 「血糖のコントロールは術後の合併症を予防するために必要です」
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2021 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ