在宅療養生活を支える看護(23問)  排泄

第101回 午前47問

Aさん(80歳、男性)は、1人暮らしで以前から軽度の物忘れがある。かかりつけ医から「Aさんは便秘がちで改善しない状況が続いている。訪問してケアして欲しい」と訪問看護の依頼があった。訪問看護師が訪問したところ、腹部に便塊を触知し、腸蠕動音は微弱であった。

訪問看護師の対応で優先度が高いのはどれか。
  • 1. 腹部の温罨法を実施する。
  • 2. 市販の緩下薬の服用を勧める。
  • 3. 排便チェック表の記入を指導する。
  • 4. ホームヘルパーに食事の準備を依頼する。
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2022 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ