在宅療養生活を支える看護(23問)  排泄

第100回 午後49問

Aさん(86歳、男性)は自宅で療養しており、84歳の妻が介護している。Aさんは寝たきりで、尿失禁のためオムツを使用している。Aさんの排尿量が多く、何度も布団を汚して困ると妻から相談があった。

Aさんの妻の介護負担を考慮した訪問看護師の対応で適切なのはどれか。
  • 1. 水分の摂取量を減らすように話す。
  • 2. 膀胱留置カテーテルの使用を提案する。
  • 3. ポータブルトイレに定期的に座るよう勧める。
  • 4. オムツに尿取りパッドを追加するように指導する。
解答・解説を見る

人体の構造と機能

疾病の成り立ちと回復の促進

健康支援と社会保障制度

基礎看護学

成人看護学

老年看護学

小児看護学

母性看護学

精神看護学

在宅看護論

看護の統合と実践

必修問題へ

このページをシェア

国試2022 看護roo! 国試 スマホアプリなら問題検索がよりスムーズに!
看護師国家試験過去問題集トップへ