パワハラ師長、 渾身の説得|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(198)

(これまでの話は▶コチラ

退職届を手にした尾田さんに声をかけたのは…まさかのパワハラ師長!?

 

退職届を出しに病院に来た尾田さん。彼女に声を掛けたのは元師長の浜田さんでした。「あんた辞めてどうすんのよ」浜田さんが聞きました。「いや別に…ちょっと休もうかなと…」と話を濁す尾田さんに「嘘ばっかり何かあったんでしょ?」と聞き返しました。

(そうだとしてもアンタには話さないよ…)と思う尾田さんに「辞めたら絶対給料下がるわよもったいない!!10年勤めて!うちの病院で50代後半まで勤め続ければ年収700万はいくのよ!!多少の嫌なことはこれで忘れられるのに!!辞めずにしぶとく居続ける方が絶対得よ!!」と言いました。尾田さんはため息をついて、「それの何が楽しいんですか⁉金は親に持っていかれるし…回りは悩みなく幸せそうだし…腹立つんですよ!!恵まれてる奴って」と言いました。

浜田さんは「そんなの…幸せなんて長くは続かないから今に見てろって思ってりゃいいのよ。ばかね!!」と答えました。呆気に取られる尾田さんに「50年生きててわかったけど、ずっと幸福な人もいないしずっと不幸な人もいないわ」と言いました。「えー?そうかなー」と尾田さんは考えましたが、「若い時はモテてチヤホヤされた奴は後半の人生スカスカよ!!私を見てごらん!!」と続けて浜田さんが言いました。

「これと言って長所もないけど師長にまでなったわ」となぜか誇らしそうに話す浜田さんに(いや…ハラスメントしまくって閑職に追いやられたじゃん)と思いました。(師長かぁ…なった所でこの人みたくになりたいわけじゃないしな…全然胸に響かないわこの人の話…)と苦笑いを浮かべていると、「尾田さん。辞めたらだめよ!!辞めない方が絶対いい!!そのうちいいことあるから!!ね!!」とゆさゆさと尾田さんの方を揺らしながら浜田さんが必死に説得しました。

「あんたは私が一番かわいがった部下なんだから!話なら聞くからね!!いい⁉辞めちゃだめよ!!」と言われた尾田さんと「…はい」と答えました。「よし!!じゃあ会議に出てくるわ」と言って浜田さんはその場を離れました。

(カスみてーな奴が同じくカスみてーな私を励まして世の中は回る)と思いその場に立ち尽くす尾田さん。浜田さんが会議室に向かうと「どうだった?」と師長に聞かれ、「辞めないんじゃないかな…?わからない」と答えました。

「我ながら全然説得力なくて悲しくなったわ…」と話す浜田さんに、「でもまあ…私なんかが言った所で彼女は響かないでしょ…」と師長が言いました。「私が言ったって同じよ!!」と浜田さんは返しましたが、「そんなことないわよ。あなたが言った方が説得力ある」「なんでよ」「真実味があるっていうか…」と話しました。

「彼女は私達のことを自分とは違う世界の人と思っているから耳貸さないけど、あなたとは同じ世界の人って思ってそうだから」と真剣な顔をして言う師長に「…」と何も言えない浜田さん。「とにかく辞めさせずに休みをとってもらいましょう。彼女は休息が必要だから」と師長が言いました。尾田さんが対象届を出そうか悩んでいると、松本さんが尾田さんを見つけました。

「尾田さん!!よかったー会えて」と松本さんが尾田さんに声を掛けました。「もしかして辞めるの考え直してくれた?」と聞く松本さんに「う…いや…」と咄嗟に退職届を隠す尾田さん。「もし続けてくれるなら私の後、尾田さんに主任やってもらおうかと思ってて…」と松本さんが言いました。

それを聞いて「え?私が⁉できるわけないじゃん!!」と尾田さんが言いました。「他にいないし 尾田さん、仕事はサボるけどちゃんとやる時はやるし…」という松本さんに「え?あ…うーん?」と言いました。「とにかく、私が産休でいなくなるから戻ってくるまでの間だけでもお願い」と松本さんが言いました。

「どうかなーできるかなー」「少しだけど給料あがるよ」「…考えるよ」と話して家に帰りました。(案外世界というものは…)と今日のことを思い出して考えました。夕飯に好物のから揚げがありました。

母親が「あんたこの頃元気ないからさー」と言って作ってくれたのでした。「…ありがとー」と言って食べ始め、(案外世界というものは、こういうものかもしれない)と考えました。(自分の見えてるものが 全てではないし)

(見えてたとしてもそれが正しいわけではないんだ)と思う尾田さんなのでした。

 

 

☆『ナースのチカラ~私たちにできること 訪問看護物語』第4巻発売☆

月間『フォアミセス』で連載中の『ナースのチカラ~私たちにできること 訪問看護物語~』の4巻は絶賛発売中!

看護roo!での試し読みはこちらから

 

ナースのチカラ4巻の書影

 Amazonで購入する 

1巻2巻3巻Kindle版も発売中!

 

『おうちで死にたい~自然で穏やかな最期の日々~』

1巻2巻3巻4巻5巻Kindle版も発売中!

 

【著者プロフィール】

広田奈都美(ひろた・なつみ) HP

漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫画家としてデビュー。著書は「僕達のアンナ」(集英社)、「お兄ちゃんがコンプレックス」、「ママの味・芝田里枝の魔法のおかわりレシピ」(秋田書店)他。

 

看護roo!での他の連載

ブランク16年の私が看護師に復帰した話

おうちで死にたい~訪問看護の現場から~

モンスター患者~みんなが困り果てた金田さんのこと~

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆看護技術の問題◆気管挿管時に、声門の全体像が見えにくい時に行うBURP法で、介助者が甲状軟骨を最初に押す方向はどこでしょうか?

  1. 後方
  2. 上方(頭側)
  3. 右方
  4. 左方

6477人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8515人の年収・手当公開中!

給料明細を検索