意地悪ナース、引き止められずにあ然…|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(195)

(これまでの話は▶コチラ

「辞める!」と宣言した尾田さん。周囲の反応は…

 

意地悪ナースの尾田さん。退職宣言をした後、師長と話をしています。(この世はクソだ!!恵まれた一部の人間が幸福を手に入れて)とモヤモヤ考えます。(私のように何も持たない人間が辛い思いをし続ける。恵まれてる人ほど自分が恵まれてることに気づかず、そうじゃない人を見下してたたく)と恵まれていない自分と比較しています。

「自己責任とか努力が足らないって言うんですよ。お前ら私になって見ろって思うんですよ」と尾田さんは師長に愚痴を吐きました。師長は、「…なるほどねー何に対して怒ってるのかわかったような気がする…」と納得したような呆れたような表情で言いました。尾田さんは「師長…どっちにしろ辞めるんでもうどうでもいいでしょ?なんですか?話って…」とイライラしながら聞きました。松本さんに「私では無理な気がします…」と頼まれて尾田さんと面談している師長は…

「そうか…残念ね…じゃあ止めないわ…」と特に止めもせず尾田さんの退職を受け入れました。「エ」と思わず声が出てしまった尾田さん。引き止めてくれると思っていた尾田さんは、(…思ってたのと違う…)と思いながら「あっ…そうすか…はい…」と気まずそうに言いました。「あとは退職届出すだけだね。おめでとう」という師長の言葉を聞き、「おめでとう…?」と困惑してしまいました。「辞めたかったんだからそれでいいじゃない」と師長は少しそっけない口調で言いました。

「…そうですね…」としか言えない尾田さんに「お疲れ様でした!!新しい職場でも頑張ってね。じゃあ私今から会議で忙しいからもう行くわね、お元気で」とあっけなく師長は部屋を後にしました。

(私は取るに足らない存在…)(他の人たちはしつこく引き止めてる師長が…私って私って私って)と、どんどん暗い思考になってしまう尾田さん。(ゴミカス底辺…いてもいなくてもどっちでもいい存在…いやむしろ害悪?どっちでもいい…)「辞めるんだ…私…この病院……10年以上…新卒から勤めてきて…これか…」と呟きました。

その夜家に帰って母親に会社を辞めることを伝えると…。「ハァ!?仕事辞める!?なんでよー!?」と案の定問い詰められました。「仕方ないよいじめられたんだって!!職場で」と尾田さんが言うと、「そんなの我慢しなさいよ…!!生活できなくなるじゃない仕事ってそういうもんでしょ?」と母親が言いました。「貯金があるじゃん!!それにナースだから再就職すぐできるよ」と必死に伝えても、「貯金なんて…この家買った時使い切ったよローンだってあるし!!どうすんのよ!?どうすんのよ!?お母さんがかわいそうだと思わないの?娘が無職なんて恥ずかしい!!」とは母親は尾田さんを責め続けました。

それを聞いた尾田さんは呆気に取られて、「…娘がかわいそうとは思わないの?」と言いました。「……何が?」「娘がいじめられて…かわいそうだとは思わないの?」と聞くと、「思ってるわよ。でも職場でのいじめなんてよくあることじゃない…我慢できないの?」と自分のことしか考えていない母親を見て、尾田さんは思いました。

(この世には…本当に私のこと心配して…気に掛けてくれる人なんていないんだ…)と尾田さんは考えるのでした。場面は変わってもも子の家で草壁先生とかず君の3人で話しています。「こんどねーかず君ねーほいくえんでママとかパパがくる日があってねーそんでねーよかったらこう君も来ていいよ」とかず君が言いました。「えっ」と先生が驚き、もも子も「…」と言葉を失っている様子。

「あははははーやだもー何ー?ママがいれば十分でしょ?」と慌ててもも子が言いますが、「いやもん。こう君に来てほしいもん!!」と駄々をこね始めました。「……あースイッチ入っちゃってもー」ともも子が言うと、先生が口を開きました。「行ってもいいけど…ちょっと待っててね」

「ちゃんとお願いしないといけないからねーママに」と先生がかず君に言いました。それを聞いたもも子は(え、何を?)と思いましたがすぐに(あ、そういうことか…え?)とプロポーズのことだと気づきました。

「ママがいいって言ったら来てくれるの?」「そうだなぁ…」とかず君と先生が話している様子を見ながら(いいの?いいの先生!?私…期待していいの?)とドキドキしてしまいました。(実はもう答えは決めてる。先生がプロポーズしてくれたら答えは決めてあるんだ、私)と何かを決心するもも子なのでした。

 

 

☆『ナースのチカラ~私たちにできること 訪問看護物語』第4巻発売☆

月間『フォアミセス』で連載中の『ナースのチカラ~私たちにできること 訪問看護物語~』の4巻は絶賛発売中!

看護roo!での試し読みはこちらから

 

ナースのチカラ4巻の書影

 Amazonで購入する 

1巻2巻3巻Kindle版も発売中!

 

『おうちで死にたい~自然で穏やかな最期の日々~』

1巻2巻3巻4巻5巻Kindle版も発売中!

 

【著者プロフィール】

広田奈都美(ひろた・なつみ) HP

漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫画家としてデビュー。著書は「僕達のアンナ」(集英社)、「お兄ちゃんがコンプレックス」、「ママの味・芝田里枝の魔法のおかわりレシピ」(秋田書店)他。

 

看護roo!での他の連載

ブランク16年の私が看護師に復帰した話

おうちで死にたい~訪問看護の現場から~

モンスター患者~みんなが困り果てた金田さんのこと~

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆糖尿病看護の問題◆糖尿病網膜症の病期分類に含まれないものはどれでしょうか?

  1. 網膜症なし
  2. 単純網膜症
  3. 増殖前網膜症
  4. 増殖後網膜症

870人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8463人の年収・手当公開中!

給料明細を検索