ちぐはぐ|マンガ・ぴんとこなーす【334】

患者さん同士のほのぼの会話。

タイトル:ちぐはぐ

ある日の病棟で患者さんたちが会話をしていました。「あの頃は食べるものがなくてねぇ。」とAさん。Bさんは「あれ、そうかい。大変だねぇ。」と答えます。A「子ども時分にはずいぶんひもじい思いをしてたもんだけどねぇ。」B「そういえば家の裏に柿の木があるだよ。」A「そいでこっちに疎開してきてねぇ。」B「またその柿を干し柿にするだわ。」と楽しそうに会話をする姿を見て、(一見成立してるけど、実は全く成立してないんだろうなあ)と思うナスさんなのでした。

 

初の書き下ろし看護書

『ナスさんが教える!ぴんとくる消化器外科看護』

2020/3/16発売!

ナスさんが教える!ぴんとくる消化器外科看護のカバーイラスト

 

 Amazonで購入する

 

ぴんとこなーす』でおなじみナスさんが、一人前の消化器外科ナースになるために必要な知識をやさしくレクチャー。

カラフルなイラストも満載で、わかりやすく基礎を学べます。

 

看護roo!掲載作品をまとめた単行本も発売中!

[1巻] ぴんとこなーす

[2巻] ぴんとこなーす 病院は今日もてんやわんや

【著者プロフィール】

ぷろぺら(@puropera44

現役で病棟看護師やってます
ぴんとこなーすをどうぞよろしくお願いします!

Twitter[https://twitter.com/puropera44

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆看護技術の問題◆身体拘束が必要と判断される際の3つの原則に当てはまらないものはどれでしょうか?

  1. 一時性
  2. 局所性
  3. 切迫性
  4. 非代替性

1164人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8393人の年収・手当公開中!

給料明細を検索