ナースのチカラ~私たちにできること 訪問看護物語~【2-1】

ママナースもも子』でお馴染みの広田奈都美さんが描く、訪問看護師マンガ。

単行本2巻の発売を記念して、月刊誌『フォアミセス』より特別転載でお届けします!

訪問看護ステーションを辞めた花の転職先は、介護施設!

 

ナースのチカラタイトル画像

 

 

介護施設といっても、いろいろあるのを皆さんは知っていますか?正直看護師の私もいまいちわかっていませんでした。私は3年目ナースの花。今、私がいる施設は、昼間のデイサービスも泊まりもできる介護施設で、「小規模多機能型居宅介護」の施設です。難しいでしょう?常時20人前後の人が、昼間ここで過ごすために、デイサービスを利用します。そのうち何人かは泊まったり、ここに来ない方でも日中自宅を訪問してケアしたりします。

 

細かいことはともかく、ヘルパーさんと仕事をするのは初めてで、しかもここはナースが2人!!しかいません。ほとんどのスタッフがヘルパーさんと介護士さんです。花が江部屋に入り自己紹介をすると、先輩看護師たちも答えてくれました。そして、「なんでまたあなたみたいな若い子がこんなところに」と言いました。

 

「こんな施設、若いあなたが来るような所じゃないわよ。まぁ嫌にならない程度に頑張ってね。」というと血圧と熱を測るように指示しました。花は、「はい、じゃあ利用者の方のカルテあります?」と聞くと、「そんなの見なくていいわよ。バイタルとってくれば…。」と言われ(え…?カルテ見なくていい?ってどういうこと!?バイタル測るのに疾患や内服がわからなきゃアセスメントできないじゃん…)と戸惑いました。

 

しかし、(まぁいいや。初日は穏便に…)と先輩のとおりに測定をはじめましたが、しばらくして(なんだろうここの人達って、生気がない…机つっ伏して起きない人もいる。誰もしゃべろうとしない…)と違和感を感じました。

 

(なんというか、連れてこられて嫌々いるというか…)と感じていると、後ろから「立っちゃだめって言ってるでしょ!!かずおちゃん座ってて!!もー何回言ったらわかるの!?」という怒鳴り声が聞こえました。「さっき言ったでしょ!?しかも、あんたオムツしてるじゃん!!何回言えばわかるの!?まったく。」と怒鳴るスタッフを見て、花は心底驚きました。

 

(かかか…かずおちゃん!?利用者さんをちゃんづけで呼んでどどど怒鳴りつけるって…)と思いながら、そのスタッフを見ました。するとそのスタッフは、「あれ、新しい看護師さん?介護士の深町ユキです。」と笑顔で挨拶してきました。その夜…

 

あのコワイ介護士のユキさんに初日でいきなり焼き肉に誘われて断りきれずに来てしまった花。(でも話してみると気さくで悪い人じゃなさそう…、姉御肌で…前の職場にはいなそうなタイプ。)と感じました。深町は、「看護師さんてさー偉そうだよねー。花ちゃんは違うけど…。あたしらのこと見下してるでしょ!?」と言い始めました。

 

続けて「うちの看護師って何にもしないじゃん?薬配って血圧測ってあとはずっと事務所にこもって喋ってるし…。それだけしかしてないのに、私たちより高い給料もらってずるくなーい?」というのでした。花は、(確かにそうだ…。よっぽど介護士さんの方が動いてる。……でも、怒鳴るのはやめてほしい、ホント。生気のない利用者さんたち、なんか仕方なくいる感じがすごくした。)と思いながら、トボトボ帰りました。

 

(私が訪問で行く患者さんとは全然違う…。)と考えながら歩いていると、前職でお世話になった先輩にばったり会いました。驚きのあまり大きな声を出してしまった花は、「うわ!わーごめんなさい、挨拶もせず突然やめて!!」と顔を隠しながら謝罪してしまうのでした。

 

ベンチで話しをしながら、先輩の馬渕さんは、花が悩んでいるときに、相談に乗れなかったことを謝りました。「先輩のせいじゃないです。私も他の施設とか知りたかったし。」という花に、「それがいいかも。特に介護施設は勉強になると思うわ。」と持田さんは言いました。花は納得できず、「利用者さん怒鳴ったり、ちゃんづけで呼んだりしてますけど。」と聞いてみると、「あぁ…あるわね。そういう施設。」と持田さんは答えました。

 

「そういう施設が今つぶれてるのは知ってる?特養とか人手不足での倒産なのよ。あとは経営者のマネジメント、能力不足や介護制度の不備…いろいろあるけと、まぁ…間違いなく勉強にはなるから頑張って。」というと、花を残して飲みに言ってしまいました。残された花はポカーンとしながら先輩たちの背中を見つめることしかできませんでした。

【2】に続く

 

単行本プレゼントキャンペーン

『ナースのチカラ~私たちにできること 訪問看護物語~』2巻の発売を記念して、抽選で5名様に単行本1&2巻をセットでプレゼント!

ふるってご応募ください!

締切:2020/8/6(木)11:59

※当選者の発表は商品の発送をもって代えさせていただきます(8/7(金)発送予定)

※応募期間は終了いたしました。

 

ナースのチカラ2巻の書影

 Amazonで購入する 

1巻Kindle版も発売中!

看護roo!での試し読みはこちらから

 

『おうちで死にたい~自然で穏やかな最期の日々~』

1巻2巻3巻4巻5巻Kindle版も発売中!

 

◆『ナースのチカラ ~私たちにできること 訪問看護物語~』は月刊『フォアミセス』で好評連載中です。

フォアミセスへのリンク

 

 


【著者プロフィール】

広田奈都美(ひろた・なつみ) HP

漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫画家としてデビュー。著書は「僕達のアンナ」(集英社)、「お兄ちゃんがコンプレックス」、「ママの味・芝田里枝の魔法のおかわりレシピ」(秋田書店)他。

 

看護roo!での他の連載

マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌

ブランク16年の私が看護師に復帰した話

モンスター患者~みんなが困り果てた金田さんのこと~

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆消化器看護の問題◆肝硬変の重症度判定で使われる分類はどれでしょうか?

  1. TNM分類
  2. Lown分類
  3. Nohria-Stevenson分類
  4. Child-Pugh分類

7365人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8189人の年収・手当公開中!

給料明細を検索