最高の彼氏のはずなのに…|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(118)

(これまでの話は▶コチラ

松本さん、すっかり心が迷子。

 

ある日の休憩中、もも子は同僚の松本さんに「ねーもも子、頼みがあるんだけど…。彼氏に会ってもらいたい。」と急に頼まれました。

「なんか優しすぎて怖い。」という松本に、もも子は、「よりによって見極め人に私を選ぶあたり…相当行き詰まってる。てか人選ミスでしょ!」と自虐的に言いました。さらに、「毎日連絡くるし、週末は必ず会うしー、デートはおごりだし。」という松本さんに「メール見せて!!」と詰め寄りました。

当然のように拒む松本さんに、「ちなみに例のクズ夫のメールはこれね。」と自分と旦那との冷ややかなメールのやりとりを見せると、松本さんもしぶしぶメールを見せてくれました。彼からのメール文には、ハートがたくさん。もも子は、「ハートばっかり。おっさんくさい…。」と冗談でつぶやきました。

見せたことを後悔している松本さんを、「幸せでいいなぁ。悩みが純粋で…。きっといい人だよ。松本っちゃんが選んだ人だったら。」と励ますと、「私に構わず幸せにおなりハート」とメールを送って早速松本さんをいじり始めました。

気持ちのはれない松本さんは、『もも子は平和主義だからなー。こういう時バシッと言ってくれんのは…。』と考え、くるみに相談することにしました。しかし、くるみには「そんなことしたらその男は私のこと好きになりますよ。」ときっぱり断られてしまいました。

「……自分の付き合ってる空いてのことが信用できないって、それってその彼氏さんが聞いたらショックでしょうね。彼のどこが好きなんですか?」といたいところをつかれ、松本さんはドキッとしました。『どこって…会うと楽しくて、気が利いてるし…優しいし…紳士だし…。でもじゃあなんでこんな人がバツイチなのと思っちゃう…。』と思いのたけを正直に伝えました。

くるみは、先輩ということも忘れて、「それをそのまま聞け!」と言ってしまいました。そしてうじうじしている松本さんを見て、『まったく悠長だわ…私なんか人生そのものの問題突き付けられて悩んでるのに…』とモジャ先生に『君が居社になればいいじゃん』と言われたのを思い出しました。

「本気で医者になりたいなら、26は若い。そんなに医者に執着するなら、自分がなればいいし、そもそも結婚してステータスあげようってさもしくない?」とズバズバ言われ、くるみは何も言えなくなりました。さらに「人生しくじってるやつって自分に嘘ついてるやつが多い。君も自分の気持ちに正直に向き合うんだね。」と追い打ちをかけられるくるみなのでした。

 

 

☆『おうちで死にたい』4巻 発売☆

『おうちで死にたい~自然で穏やかな最後の日々~』4巻は2019/12/16発売!

看護roo!での試し読みはこちらから

おうちで死にたい4巻タイトル画像

 Amazonで購入する 

1巻2巻3Kindle版も発売中!

 

【著者プロフィール】

広田奈都美(ひろた・なつみ) HP

漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫画家としてデビュー。著書は「僕達のアンナ」(集英社)、「お兄ちゃんがコンプレックス」、「ママの味・芝田里枝の魔法のおかわりレシピ」(秋田書店)他。

 

看護roo!での他の連載

ブランク16年の私が看護師に復帰した話

おうちで死にたい~訪問看護の現場から~

モンスター患者~みんなが困り果てた金田さんのこと~

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆周産期・薬の問題◆切迫早産の治療として、用いられるリトドリン塩酸塩の重篤な副作用に当てはまらない症状はどれでしょうか?

  1. 肺水腫
  2. 狭心症
  3. 顆粒球減少症
  4. 横紋筋融解症

661人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8128人の年収・手当公開中!

給料明細を検索