【マンガ】こころのナース夜野さん(7)

(前回までのお話は▶こちら

自殺をしようとして運ばれてきた患者さん。

精神科ナース・夜野さんは隣で月を観ていて…。

 

私と酒木さんの2人は、誰も居ないフロアで、ただ明るく光る満月をじっと見ていました。私は、暗い中の明るさが体に染み込んでいくようにも感じました。

 

 

しばらくして、酒木さんは静かに立ち上がると、「ありがとうございます。」とお礼をいい、病室へと戻っていきました。翌日、私は師長へ「酒木さんに目をみてありがとうと言われました。何も言えなかったんですが…。」と伝えました。

 

 

複雑そうにしていた私に、「いいこと言おうとしなくていいのよ。沈黙の会話というものもある。一緒にいる、一緒にやるというだけでもいいのよ。それも看護なの。」と説明しました。外に見えた月を見て、酒木さんのことを思い出し、『無理にわかろうとしなくてもいいのかな』と感じました。

 

 

酒木さんの病室へ向かい「あの後眠れましたか?」と声をかけると、酒木さんは「少し…。ちょっとお願いがあるんですけど、家の鍵が閉まっているのか確認したいので、家に帰っていいですか?あと着替えとか荷物も取りに帰りたいんです。」と言いました。『一人で行って万が一自殺したら…』という考えもよぎり、スタッフでの話し合いの末、私がついていくことになりました。

 

 

酒木さんの家の鍵はやはり開いたままになっていました。「大丈夫かなぁ、中…。」と扉をあけると、畳一面が血で染まっていました。酒木さんは「うおっ」と驚くなり、「スマホにもついちゃってる!」と血がついた携帯を取り上げました。

 

 

そして、「あ~これ落ちるかな~?」と畳の血を拭い始めたのです。呆然としていた私は、はっと我に返り「手伝います!ゴム手袋とタオル持ってきたので…。」と床をふく手伝いをしました。すると床に包丁が落ちていることに気が付きました。さびている包丁を洗いながら、『さびてる…こんなんで切れるのかな?』と思いました。

第8話(最終話)は、1/12(日)公開予定です。

 

『こころのナース夜野さん』が単行本になります(小学館)

2020年1月10日(金)発売!

こころのナース夜野さん1巻書影

 Amazonで購入する 

 

 

【著者プロフィール】

水谷緑(みずたに・みどり)HP

水谷緑

著書は「コミュ障は治らなくても大丈夫」(吉田尚記、水谷緑)「まどか26歳、研修医やってます!」「あたふた研修医やってます。」(KADOKAWA) 他。小学館「いぬまみれ」にて犬漫画「ワンジェーシー」連載。

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆看護技術の問題◆右手背から点滴をしている患者さんの寝衣交換時の看護で正しいのは、次のうちどれでしょうか?

  1. 点滴ルートを外して寝衣交換を行う。
  2. 点滴ルートが抜けないように、看護師がすべて行う。
  3. 点滴の滴下は中止せずに寝衣交換を行う。
  4. 左袖から脱がせ、右袖から着せる。

8966人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8100人の年収・手当公開中!

給料明細を検索