夫は離婚拒否。悪夢のはじまり|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(107)

(これまでの話は▶コチラ
「離婚したい」と夫にもちかけ、逆に「浮気してる」と疑いをかけられたもも子は…

タイトル:夫は離婚拒否。悪夢のはじまり。無職の旦那に浮気を疑われ、離婚するならかずは自分が引き取ると言われたもも子。『どうしよう、離婚できないかもしれない…。夫がかず君を引き取ることになったら…。かず君と離れるのだけは嫌だ…!』とかずくんをぎゅっと抱きしめました。

『でもそうなると旦那とずっと一緒…。尊敬できない人と一緒に暮らすなんてできない。家のこともやらない夫を食べさせていかなきゃならないなんて悪夢…どうしたら!?』と先のことを思い、夜通し涙を流しました。翌日、職場では草壁先生が明るく挨拶をしていました。

元気がいいですねと言われ、「そんなことないです。」とごまかしながら、週末のもも子とのデートのことを考えていました。すると、「おはようございます。」ともも子の声が聞こえてきました。

『この声は!!』と草壁先生は嬉しそうにもも子の方を振り返ると、そこにいたもも子の目が真っ赤に腫れていることに気が付きました。見かねた尾田さんが「何…その顔パンパンなんだけど…」と言いました。

もも子は、「いやもー、昨日うっかり猫に触っちゃって、アレルギーあるからこんなになっちゃって…。」と昨夜泣いて目が腫れたことをアレルギーのせいにしました。心配してくれる草壁先生もうまくごまかして、「でも、しばらく外出はやめておきます…。こんな顔じゃ外に出れないし…。」と言いました。

その言葉の意味がわかり、『えーっ……それってつまり3人でデートはなくなるってこと!?』と内心ショックを受ける草壁先生。その場を離れたもも子は、ばったりくるみと会ってしまいました。

「もも子さん…目…」というくるみに「アレルギーなの、びっくりさせてごめんね。」とごまかすともも子はその場を去っていきました。

残された草壁先生は「本当…アレルギーのバカ…」と悔しそうにつぶやきますが、くるみは、「アレルギーじゃないですよ先生。夜通し泣いたとかですよたぶん。」と言いました。確かにと納得する尾田さんにさらに、「なにかあったんじゃないですかねーまぁそらく夫婦問題でしょうね。きっとなにかこじれてるんじゃないですか?」と鋭い観察力で推測するくるみなのでした。

 

☆『おうちで死にたい』3巻 発売☆

『おうちで死にたい~自然で穏やかな最後の日々~』3巻は2019/8/19発売!

看護roo!での試し読みはこちらから

おうちで死にたい3巻タイトル画像

 Amazonで購入する 

1巻2巻Kindle版も発売中!

 

【著者プロフィール】

広田奈都美(ひろた・なつみ) HP

漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫画家としてデビュー。著書は「僕達のアンナ」(集英社)、「お兄ちゃんがコンプレックス」、「ママの味・芝田里枝の魔法のおかわりレシピ」(秋田書店)他。

 

看護roo!での他の連載

ブランク16年の私が看護師に復帰した話

おうちで死にたい~訪問看護の現場から~

モンスター患者~みんなが困り果てた金田さんのこと~

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆フィジカルアセスメントの問題◆呼吸音の聴診で正しいものはどれでしょうか?

  1. 呼吸音を聴診するには、聴診器の膜型を使用する。
  2. 呼吸音の聴診は、前胸部と背部を上から下に聴診する。
  3. 聴診する時、吸気で副雑音が聴こえなければ呼気まで聴診する必要はない。
  4. 自分で体位変換ができない長期臥床患者さんは背部の聴診が難しいため、前胸部の聴診をこまめに行う。

7245人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8103人の年収・手当公開中!

給料明細を検索