意外と低い!?ナースの婚活市場価値|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(72)

(これまでの話は▶コチラ
くるみちゃんが語る、ナースの婚活市場における価値とは。

前回、くるみと飲みに行き、婚活について話を聞いている松本ナース。くるみは、「婚活市場においてナースは溢れて飽和状態です。意外なことに男性は、女性を職業で選びません。看護師だから結婚したいという人はほぼいないんです。」と言い切りました。

驚いて声も出せない松本さん。「えっ…でも士業専門の婚活パーティとかもあるじゃん!」と言い返すと、くるみは「そうなんです。女性は職業で男性を選ぶけど、男性は若さと容姿!!そして素直さですよ。」と言いました。

あまりにもくるみが強気なのでその理由を聞くと、「友人の婚活アドバイザーにヒアリングして勉強してますから!もっと言うと、看護師はプラスにならないけど、マイナスにもなりません。男性は女性の職業には関心ないそうです。」と言いました。松本さんは「でも両親のウケはいいんじゃ」とにこやかに言うと、「今は親のプレッシャーも少ないのでそれも関係ないです。」とバッサリと切り捨てられました。

松本さんは、「料理もそんな得意じゃないし、年齢も若くないし、ウリになるものがひとつもない…」と不安になりました。内心『8年務めているナースってことで認められると思ったのに婚活市場では何の価値もないってこと~!?』と震えがとまりません。すると、くるみは、「大丈夫ですよ!ナースの武器、傾聴があるじゃないですか!相手の話をただひたすら聞く技術。コレは意外とできないんですよ。」とフォローしました。

「人の指摘を素直に受け入れて反省する!しかも年下の私の意見を聞き入れるんだからたいしたものですよ!先輩なら絶対できますよ!」と褒めました。「まぁ私はエリート医師と結婚しますけどね。」と付け足して。帰り道、「大事なこと忘れてた―!」とくるみが言いました。

「あとは必死さです!本気で結婚するんだっていう気合いが必要!」と伝えました。松本さんは、「よし!本気で婚活するぞ、半年で結婚相手見つけてやる!」と前向きな様子を見て、くるみは「よし、じゃぁ手始めに今週末会いましょう。」と提案しました。

「え今週末!?今週末は研修が…」と困惑する松本さん。「出た!休みのどちらかは研修に出てつぶれるやつ!だから婚活市場で敗れるんですよ、ナースは!」と叱るくるみなのでした。

取材協力:岸田勝則(株式会社E-ライフケアセンター)

 

☆『おうちで死にたい』2巻 発売☆

月間『フォアミセス』で連載中の『おうちで死にたい』の単行本は絶賛発売中!

看護roo!での試し読みはこちらから

おうちで死にたい2巻タイトル

 Amazonで購入する 
 

 

【著者プロフィール】

広田奈都美(ひろた・なつみ) HP

漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫画家としてデビュー。著書は「僕達のアンナ」(集英社)、「お兄ちゃんがコンプレックス」、「ママの味・芝田里枝の魔法のおかわりレシピ」(秋田書店)他。

 

看護roo!での他の連載

ブランク16年の私が看護師に復帰した話

おうちで死にたい~訪問看護の現場から~

モンスター患者~みんなが困り果てた金田さんのこと~

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆災害看護の問題◆災害時、被災地域で精神科医療や精神保健活動の支援を行う専門家のチームを何と呼ぶでしょうか?

  1. HAZMAT
  2. DMAT
  3. DPAT
  4. JDA-DAT

1030人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8172人の年収・手当公開中!

給料明細を検索