夢じゃごはんは食べられない|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(55)

(これまでの話は▶コチラ
夫の夢を応援したいと思っていたもも子だけど、肝心の夫は…

新人賞に作品を出さなかった夫は部屋にこもり切り、出てこなくなりました。このままではだめだと思ったもも子は、「開けるよー。」と部屋に入りました。

「話し合いしようよ…。」と夫の前に座りました。「話し合いも何も、どうせダメなやつって思ってるんだろ…。」と夫はふてくされています。もも子は冷静に「今後どうするつもりなの?」と質問すると少し考えて「投稿作書き直してて…今度こそって思ってるんだ…。」と答えました。もも子は、「うん…でも結婚してて、子どももいるんだよ…。」と夫を諭しますが、夫は「今度こそ完璧なものを出したいんだ!そうすればデビューできるよきっと。」と言いました。

「他の小説家の人もそうやって何度も挑戦してるんだよ!貧乏でも!」と声を荒げる夫に、もも子はイライラして「話 聞いてる?子どもいるから!!食べてかないとならないのわかる!?」と怒りを抑えて説明しました。するとなんと、夫は、「もも子…働いてるからいいんじゃない?」ときょとんとした顔で言うのでした。

大黒柱の自覚がない夫に愕然とするもも子は『だめだこいつ…わかってもらえない…』と困惑しました。「ならせめて家事と育児をしてよ!あの有名な小説家のSさんも投稿時代はちゃんと家のことやって奥さんは働いてたんだよ!」と叱ると、夫は苦い顔をしながらも決意したように「…わかった…家事と育児は俺がやる…。」と言うのでした。

「専業主夫になる。」と決意し始めた夫を見て、自分が言いたかったことではない展開にすすんでいることに焦るもも子。しかし、夫は「小説はもちろん書くよ!専業主夫が趣味で色々やってるのと同じだもんな!気長に頑張るよ!俺!」と次第にいきいきし始めた夫。

もも子は、夫の気迫に押されて、「あ…うん…」と答えてしまいました。夫は「そうときまったら今日からゴハンは俺が作る!もも子も夜勤入れていいよ。」とはりきりますが、夫が何か言う度に内心『なにか違う』と納得しきれないもも子なのでした。

 

☆『おうちで死にたい』単行本発売☆

月間『フォアミセス』で連載中の『おうちで死にたい』の単行本は絶賛発売中!

看護roo!での試し読みはこちらから

 Amazonで購入する 

 

【著者プロフィール】

広田奈都美(ひろた・なつみ) HP

漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫画家としてデビュー。著書は「僕達のアンナ」(集英社)、「お兄ちゃんがコンプレックス」、「ママの味・芝田里枝の魔法のおかわりレシピ」(秋田書店)他。

 

看護roo!での他の連載

ブランク16年の私が看護師に復帰した話

おうちで死にたい~訪問看護の現場から~

モンスター患者~みんなが困り果てた金田さんのこと~

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆精神疾患患者さんへのケアの問題◆Aさんへの看護で、適切でない対応はどれでしょうか?

  1. 保護室の入室時は、私物は全て預かり、着衣も病院指定の病衣を勧める。
  2. 適時、多職種によるリスクアセスメントを行い、自殺の危険性を判定する。また家族から情報収集を行い、多職種間で情報を集約する。
  3. 30分ごとに時間を決めて、規則的に保護室内の観察を行う。夜間の観察はAさんを刺激しないよう保護室のモニターカメラを通して行う。
  4. 強い希死念慮や、切迫した自傷行為が収まるまでは、精神保健指定医の判断、指示により身体拘束を行い、Aさんの自傷自殺を予防する。

7752人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8061人の年収・手当公開中!

給料明細を検索