ナイチンゲールの発明品|マンガ・こくせん!~黒衣の戦士~【11】

前回までのお話

知られざるナイチンゲールの発明品…!

マンガ・こくせん!~黒衣の戦士~第11回タイトル:ナイチンゲールの発明品①。ローラは、病院で目の前にあったヒモに気がつき、ひっぱってみました。チリンと音がすると同時に、遠くから全速力で走ってくるナイチンゲールに気づき、その剣幕さに驚きました。恐る恐る尋ねると、ナイチンゲールは「病室までの最速記録更新」と誇らしげな顔で答えました。そして「ひもを引くとナースステーションで札がひっくり返るから呼んだ部屋の番号がわかるのよ。」と仕組みを説明してくれました。ローラが引いたヒモ、これが世界初のナースコールだったのです。

 

 

マンガ・こくせん!~黒衣の戦士~第11回タイトル:ナイチンゲールの発明品②。ナイチンゲールは、病院内で重そうに患者さんの病院食を運ぶ看護婦を見て、「ねぇ、ローラ。これじゃあ看護婦は、単なる2本の足じゃない?」と言いながら、じっと何かを考えていました。数週間後、ナイチンゲールによって、病院食を運ぶ巻き上げ機が導入されました。この発明が病院初のエレベーターになったのです。

 

 

かげ解~看護師のかげさんの解説~

‪ナイチンゲールは病院改革として、さまざまな発明をしたことが伝記など多くの書物に書かれています。

その中から2つを漫画でご紹介しました。

階段の昇り降りについては、看護婦が「単なる2本の足」にならないよう、効率化に注力したようです。

他にも、階をまたいでお湯を運ばないで済むよう、各階にお湯の出る蛇口を配備したのも彼女の功績です。

 

【作:かげ】Twitter

総合病院で働き、絵を描く看護師です。医療の勉強に役立つ(てほしい)絵や仕事でのほっこり話などを発信しています。

 

(編集部注)この物語は史実を基にしたフィクションです。現代では「看護師」という表記を使用しますが、作中の時代背景を鑑み「看護婦」という表記を使用しています。

 

【参考文献】

1)リン・マクドナルド 著, 金井一薫 監訳:実像のナイチンゲール.現代社, 2015

2)金井一薫 著:ナイチンゲール看護論・入門 “看護であるものとないものを見わける眼”.現代社, 2006(第1版第21刷)

3)湯槇ます, 他 訳:フロレンス・ナイチンゲール=看護覚え書:看護であること、看護でないこと(改訳7版).現代社, 2015

4)セシル・ウーダム・スミス 著,武山満智子,他訳:フロレンス・ナイチンゲールの生涯.現代社, 1996

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆フィジカルアセスメントの問題◆Aさんに看護師が最初に行うべきケアはどれでしょうか?
高齢のAさんは認知症で、尿意を感じてもトイレがどこかわからず、尿失禁することが数回ありました。Aさんは失禁を気にしている様子です。

  1. 骨盤底筋トレーニングを促す。
  2. ベッドの近くにポータブルトイレを置く。
  3. オムツを履いてもらう。
  4. 水分摂取を控えてもらう。

9018人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8105人の年収・手当公開中!

給料明細を検索