「クールすぎる」と言われてショック…感情のコントロールってどうすれば?|看護師かげと白石の今週のモヤッと(57)

この連載では、看護師のかげ白石が、読者から寄せられた「看護の現場で感じるモヤモヤ」にお答えします。

みんなの「モヤッと」が「ピカッと」に変わりますように!

 

連載:看護師かげと白石の今週のモヤッと

Vol.57 「クールすぎる」と言われてショック…感情のコントロールってどうすれば?

感情を抑えていたのに、クール過ぎると注意されてショックを受ける看護師のイラスト

 

今回は看護師4年目の方からのお悩みです。

 

 

感情コントロールが難しいです。

自分は性格上、感情の起伏が激しいので、あまり感情を表には出さないように意識していました。

 

ある日、上司と面談があり「クールすぎるから、もっと笑ったり怒ったり、表情を出した方が良い」と言われました。

自分では「うまく感情をコントロールしている」と思ってやっていたことが誤解されているようで、悲しくて悔しくてその場で号泣してしまいました。

 

本来の私は、こんなふうにすぐに泣いちゃうような性格なんです。

人前で泣くのもみっともないと思うし、感情のコントロールや表情に出すってすごく難しくて、なんだかモヤモヤしてしまいます。
 

(パプリカさん 看護師4年目

 

感情の起伏が激しい自分の性格を理解して努力していたんだね…。

 

実は、僕も「クールだね」って言われるタイプだから、気持ちはわかるよ。

 

私もね、新人の頃「注意されているときに笑っているように見える」って言われたのがショックで…。

 

その後は、表情を隠すためにマスクを手放せなくなったんだよなぁ…。

 

「自分が思う自分」と「他の人から見た自分」とのギャップに気づいた時ってツラいよね。

 

このモヤる気持ちをどうしたらいいか、かげさんと一緒に考えてみるね。

 

 

感情を抑える場面、表に出す場面って?

相談者さんのように、私も怒ったり泣いたりの感情は、あんまり表に出さないように気をつけてるんだけど、笑ったり楽しい気持ちは表情に出すようにしてるよ。

 

そうだね。

感情を表に出すって悪いことばかりじゃなくて、コミュニケーションを取る上では、ある程度出すことも必要な場面もあるもんね。

 

そうなんだよね。

相談者さんは、感情をコントロールしよう、表情に出さないようにしようと気をつけていたのが、少し頑張りすぎちゃったのかも。

 

うん。
感情のコントロールって、感情を完全に抑えなくちゃいけないわけじゃない。

 

「○○さん、今日のリハビリで歩行自立になりましたね!よかったです!私もとても嬉しいです!」

 

「○○さん、間食しないお約束だったと思いますが…私としては悲しいです」

 

って感じで、感情を出すときは出して抑えるときは抑えるみたいな、引き出しを出し入れするように調整できるといいよね。

 

その方が、自分が言いたいことが効果的に相手に伝わると思うよ。

 

そうだね。

 

自分が思っていること・感じていることを相手に伝えるために、自分がしんどくならない範囲の、感情の出し方、抑え方を考えてみてもいいかもね。

 

 

自分の感情を相手に伝える方法

相手に自分の感情をうまく伝えるには、どうしたらいいのかな?

 

同じくクールな印象を持たれがちなかげさんはどう思う?

 

僕としては、まずは、うれしいときは言葉や笑顔で気持ちを表すのを心がけてみるといいかもって思うよ。

 

「急に感情を表に出せって言われても無理!」って思うかもだけど、難しく考えないでまずは形から入る感じで

 

「ありがとうございます」

「うれしいです」

 

って気持ちを笑顔で言葉にしてみると、相手に気持ちが伝わりやすくなるんじゃないかな。

 

シンプルな方法だけど、少し意識するだけでもだいぶ違うと思う。

 

それいいね!

 

私も、同僚や上司に対してポジティブな感情を感じたタイミングがあったら、意識して伝えているよ。

 

無理に話題を作らなくて大丈夫で、たとえば


「さっきは先輩がいてくれて本当に助かりました、ありがとうございます」

 

って感じで、気持ちを伝えたりね。
 

うんうん。

 

「クールすぎる」って言われてしまったのはショックだったと思う。

 

今回のことをきっかけに、自分の感情をコントロールすることについて少し考えてみたり、無理のない範囲で気持ちを表現してみると、肩の力が少し抜けて相手に気持ちも伝わりやすくなるんじゃないかな。

 

うん。

無理ない範囲で実践してみてね。
応援しています。

 

今週のピカッと


☆自分の言いたいことが効果的に相手に伝わるように、自分がしんどくならない範囲の、感情の出し方、抑え方を考えてみよう

 

☆相手に自分の感情をうまく伝えるために、まずは感謝やうれしい気持ちを言葉や笑顔で表してみる方法もある

 

☆いろんなタイプの看護師がいていい。無理せず自分らしくいよう

 

看護師かげと白石の今週のモヤッと。タイトルバナー

 

かげ・白石に聞いてほしいモヤモヤは

こちらのフォームからどうぞ!
 

 悩みを相談する 

 

 

プロフィール

看護師のかげ(@877_727)

医療の勉強に役立つ(てほしい)絵や仕事でのほっこり話などをTwitterでつぶやいています。

 

 

書籍紹介

 

『ホントは看護が苦手だったかげさんの イラスト看護帖〜かげ看〜』

かげ 著、永岡書店

看護師かげさん著「ほんとは看護が苦手だったかげさんのイラスト看護帖~かげ看~」の写影

 購入はこちら

 


10年以上病院で働いてきて、現在はいろんな場所で働いている看護師兼ライター。

最近は、後輩に飴ちゃんあげるおかん系看護師になりつつある。

 

 

書籍紹介

 

『Letters~今を生きる「看護」の話を聞こう~私もエールをもらった10人のストーリー』

白石弓夏 著、メディカ出版

白石弓夏著『Letters~今を生きる「看護」の話を聞こう~私もエールをもらった10人のストーリー』の写影

 購入はこちら

 

イラスト/かげ

編集/木村さちこ(看護roo!編集部)

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆手術看護の問題◆長期間ステロイドを投与している患者さんに、手術による外科的な侵襲やストレスがかかった際に起こる意識障害や低血糖を予防するために、事前にステロイド投与をすることを何というでしょうか?

  1. オーバードーズ
  2. オーバーステロイド
  3. ステロイドカバー
  4. ステロイドフォロー

3143人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8364人の年収・手当公開中!

給料明細を検索