余裕がないときキツい言い方になってしまう自分にモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(30)

看護師かげと白石の今週のモヤッと。タイトルバナー

この連載では、総合病院で働く看護師のかげと中堅看護師の白石が、読者から寄せられた「看護の現場で感じるモヤモヤ」にお答えします。

 

みんなの「モヤッと」が「ピカッと」に変わりますように!

 

連載:看護師かげと白石の今週のモヤッと

Vol.30 余裕がないときキツい言い方になってしまう自分にモヤモヤ

患者さんに対してイライラしてしまう看護師のイラスト

 

看護師かげさんのアイコン

今回は、看護師3年目の方からのお悩みです!

 

 

タイムプレッシャーやリーダーをしているなど余裕がないとき、不穏や認知症でこちらの指示を理解できない患者さんに対して無意識にキツい言い方になり、よく同僚などに指摘されます。


後々になって自己嫌悪に陥ってしまい、看護師に向いていないんじゃないかと思います。
どんな心がけや考えをしたら、このような行動はなくせますか?

(れんれんさん 看護師3年目)

 

看護師白石さんのアイコン

いろいろと余裕がないと、患者さんにもイライラしちゃうことあるよね。
そして、後になって自己嫌悪に陥る…。


私もそういう経験したことあるし、同じ悩みを抱えている人は、結構多いんじゃないかな?

 

看護師かげさんのアイコン

うんうん、僕もこの経験あるなぁ…。
なかには開き直っちゃって態度を変えない人もいるけど、相談者さんは「こうした行動をなくしたい」って改善方法を考えていて、すごく真摯だなって思ったよ!

 

看護師白石さんのアイコン

そうだね、私もその気持ちは大事だと思うな!
本当はそんな態度、取りたくないもんね。

 

 

イライラを蓄積させない方法を探してみよう

看護師白石さんのアイコン

どんな患者さんに対しても、イライラをぶつけるような態度を取るのはよくないよね。


でも、イライラすることはだれにでもあるから、その感情をどうコントロールするかがカギだと思うな。

 

看護師かげさんのアイコン

白石さんなら、こんなときどうする?

 

看護師白石さんのアイコン

私だったら、「自分のイライラしやすくなるのはどんなときか」と、自分のイライラの傾向を自己分析するかな。


その傾向を見つけられたら、イライラがMAXになる前に対処できることを考えられるよね。

 

看護師かげさんのアイコン

確かに!
イラッとしないように感情をコントロールするのは難しいもんね。


「自分のイラッとしやすい傾向を知る」っていう視点で対策を考えたほうが実践しやすそう。

 

看護師白石さんのアイコン

うんうん。
たとえば、「余裕がないときイライラする」のであれば、

  • 落ち着かせるために、深呼吸してみる
  • 気持ちをリセットするために、飲み物を一口飲んでみる
  • 対応に限界があると判断し、だれかにヘルプをお願いしてみる

とかね!

 

こんな感じで、余裕がなくなってイライラがMAXになる前にその場でできる対処法を実践してみるといいかも。


私も「ちょっとイライラが溜まってるな」って思った時はそうしてるよ。
 

看護師かげさんのアイコン

それいいね!
僕の周りにも、「交代してください!」と素直にヘルプを出す先輩がいたよ。


こんな感じにイライラの蓄積を軽減する行動を取れれば、患者さんに対して感情的になることも減りそう!

 

看護師白石さんのアイコン

忙しいからできることは限られるけど、イライラする傾向に合わせて、対処法を探してみてね!

 

 

認知症やせん妄の対応が上手な人にアドバイスをもらおう

看護師かげさんのアイコン

認知症やせん妄のある患者さんの看護が大変だなと思ったら、経験のある先輩や対応が上手な人から、必要な技術や視点についてアドバイスをもらうのもいいよね。

 

看護師白石さんのアイコン

そうそう。
対応が上手な人の話を聞いてみると、何かヒントがもらえるかもしれない。


特に精神科の経験がある人とか患者さんとの距離の取り方が上手だし、話を聞くとすごく勉強になるよ!

 

看護師かげさんのアイコン

うんうん!
対応の選択肢やスキルが増えると、気持ちの余裕も生まれそうだね。

 

看護師白石さんのアイコン

3年目になると、何かと忙しいし大変だと思う。


だから、「気持ちの余裕がない」って困ったら一人で抱え込まないでメンバーや他の同僚に相談してみてね。


それが患者さんにより良いケアを提供できることにもつながるはずだよ!

 

今週のピカッと


☆自分のイライラの傾向を知って、イライラを蓄積させない方法を探してみよう

 

☆認知症やせん妄の対応が上手な人にアドバイスをもらおう

 

 

かげ・白石に聞いてほしいモヤモヤは

こちらのフォームからどうぞ!
 

 悩みを相談する 

 

プロフィール
かげさんアイコン

看護師のかげ(@877_727)

医療の勉強に役立つ(てほしい)絵や仕事でのほっこり話などをTwitterでつぶやいています。

10年以上病院で働いてきて、現在はいろんな場所で働いている看護師兼ライター。

最近は、後輩に飴ちゃんあげるおかん系看護師になりつつある。

 

イラスト/かげ

編集/木村さちこ(看護roo!編集部)

 

●書籍紹介

『ホントは看護が苦手だったかげさんの イラスト看護帖〜かげ看〜』

かげ 著、永岡書店

看護師かげさん著「ほんとは看護が苦手だったかげさんのイラスト看護帖~かげ看~」の写影
 

 購入はこちら 

 

 

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆救急看護の問題◆この患者さんが救急外来に搬送れてきた際、行うことはどれでしょうか?

  1. 会話は可能であったため、意識レベルの観察は不要である。
  2. SpO<sub>2</sub>が保たれているため、酸素投与は必要ない。
  3. 傾眠傾向にあるため、覚醒を促すためにも歩行して処置台に移動してもらう。
  4. 全身の観察として皮膚色を観察した。

1087人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8061人の年収・手当公開中!

給料明細を検索