同期と比べて頼りない先輩と思われないかモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(23)

看護師かげと白石の今週のモヤッと。タイトルバナー

この連載では、総合病院で働く看護師のかげと中堅看護師の白石が、読者から寄せられた「看護の現場で感じるモヤモヤ」にお答えします。

 

みんなの「モヤッと」が「ピカッと」に変わりますように!

 

連載:看護師かげと白石の今週のモヤッと

Vol.23 同期と比べて頼りない先輩と思われないかモヤモヤ

頼りないと思われていないか不安になる新人ナースのイラスト

 

看護師白石さんのアイコン

今回のお悩みは、2年目になる日が近い新人看護師からです。

 

 

新人看護師です。もうすぐ後輩が入ってくるのですが、すごく不安で仕方がありません。 私の病棟には同期が5人いるのですが、テキパキと仕事をこなし、先輩から「○○さんなら安心」「さすが△△さん」と褒められている人もいます。

 

それに比べて、私は業務が回せなくなったり、急に入院が来たりすると焦ってバタバタしてしまいます。 先輩にも「もう少し落ち着いて」と注意されたり、焦りすぎて報告が遅れてしまったりすることも…。 気をつけるようには心がけていますが、次に後輩が入ってくるとなるとますます周りの同期と比べてしまいます。「この先輩頼りないなぁ」と思われそうで不安です。

 

今は先輩も見てくれていますが、「2年目になると目が離れるから気をつけて」とアドバイスをいただいています。この不安な気持ちはどうすればいいでしょうか。

にれちゃん 看護師1年目

 

看護師かげさんのアイコン

1年目が終わりに近づく頃は、「もう2年目になるんだから」って言われる時期だよね。

僕もその時期は、同じ不安を感じてたなぁ…。

 

看護師白石さんのアイコン

気持ちわかるなぁ。

私も新人時代、先輩に同期の仕事ぶりを話されたときとか、同期と自分を比べたよ。

 

看護師かげさんのアイコン

そんなところに、次の新人が入ってくるわけで…。

相談者さんの不安と焦り、とってもよくわかるよ…!

 

 

同期と比べず、フラットに自分の課題と向き合ってみよう

看護師白石さんのアイコン

相談者さんはひょっとすると、同期の長所が、自分との差に見えちゃってるのかなって思ったの。

「同期はテキパキ仕事ができるのに、それに比べて私は…」って。

 

看護師かげさんのアイコン

そっか。

同期の仕事の要領の良さはその人の長所だけど、同じようにはできない自分と比べてしまって、自信をなくしたり、焦っちゃったりするのかもしれないね。

 

看護師白石さんのアイコン

うん。

私は、いろんな長所を持った看護師がいて、それぞれに良さがあると思うんだ。

テキパキ仕事ができる看護師とか、患者さんに寄り添うのが上手な看護師とか…。

 

看護師かげさんのアイコン

そうだね、そうしたいろんな人たちの良いところに助けられることってあるよね。

 

看護師白石さんのアイコン

そうそう。

だから同期と同じ長所を持っていなくても、落ち込まなくて大丈夫だと思うよ。

 

こういうときは、誰かと比べるのではなく、フラットに自分の課題と向き合うと良いと思うな!

比較対象を作らないで、自分のことを中心に考えて「これは自分の課題、できるように頑張ろう」って。

 

看護師かげさんのアイコン

そうだね!

つい比べそうになっちゃうかもしれないけど、そこは意識して比べないようにするとか…。

 

あと、相談者さんにもきっと長所があるから、それを意識して伸ばすのも良いかも!

 

看護師白石さんのアイコン

うんうん。

自分を客観的に捉えて、長所・強みを考えることも大事だよね。

「私にはこの長所があるんだ」って思えるものがあると、人と比べて不安に思う気持ちもやわらぐと思うな。

 

看護師かげさんのアイコン

自分の課題をクリアしながら、少しずつステキな看護師になっていけると良いね!

 

 

2年目は、2年目の仕事に励むこと

看護師かげさんのアイコン

この1年で得た知識やできるようになったことって、振り返ると結構たくさんあるんじゃないかな?

意外と新人からは、「頼りない」とかってあまり思われないかもしれない。

 

看護師白石さんのアイコン

私が新人の頃は2年目の先輩のこと、「1年しか違わないとは思えない」程の差を感じてたよ。

自分のことで精一杯な私に比べて、2年目の先輩たちって何であんなに動けるんだろうって…。

 

看護師かげさんのアイコン

うん。

まだ何も知らない新人と、1年間で身に付いた知識や得た経験がある2年目。

その差って、結構大きいと思うんだよね。

 

看護師白石さんのアイコン

そうだね。

だから、新人の視線はあまり気にしないで、2年目としての仕事に励むことに集中すれば良いと思うよ!

 

 

新人が困っていたら、力になれるように関わろう

看護師かげさんのアイコン

でも、2年目って新人にとっては一つ上の先輩だから、話しかけやすい存在ではあるよね!

だから、「教えてください」ってこっそり質問されることもあるかもしれない。

 

看護師白石さんのアイコン

そうだね。

やっぱり2年目の先輩のことは新人も気になるだろうし、頼ってくることもあるかも。

でも、そのときは誠実に対応すれば「頼りない先輩」とは思われないんじゃないかな。

 

看護師かげさんのアイコン

と、言うと?

 

看護師白石さんのアイコン

たとえば、何か質問されたとき、わかることであれば教えてあげるとか。

反対に、わからなかったり自信のないことは、一緒に調べたり、誰かに相談したり…。

 

そんなふうに新人が困ったときに助けてくれる人って、先輩としてとても信頼されるんじゃないかな?

 

看護師かげさんのアイコン

確かに!

僕が新人なら、助けてくれる先輩を「頼りない」って思ったりしないと思う。

 

看護師白石さんのアイコン

そうそう!

そんなふうに、良い先輩として新人と関われると良いですね!

 

 

今週のピカッと


☆同期と比べず、フラットに自分の課題と向き合おう

 

☆2年目は2年目のすべき仕事をしよう

 

☆新人が困っていたら、力になれるように関わろう

 

 

 

かげ・白石に聞いてほしいモヤモヤは

こちらのフォームからどうぞ!
 

 悩みを相談する 

 

プロフィール
かげさんアイコン

看護師のかげ(@877_727)

医療の勉強に役立つ(てほしい)絵や仕事でのほっこり話などをTwitterでつぶやいています。

10年以上病院で働いてきて、現在はいろんな場所で働いている看護師兼ライター。

最近は、後輩に飴ちゃんあげるおかん系看護師になりつつある。

 

イラスト/かげ

編集/木村さちこ(看護roo!編集部)

 

●書籍紹介

『ホントは看護が苦手だったかげさんの イラスト看護帖〜かげ看〜』

かげ 著、永岡書店

看護師かげさん著「ほんとは看護が苦手だったかげさんのイラスト看護帖~かげ看~」の写影
 

 購入はこちら 

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでます

同期との差感じたことあった?|看護師の本音アンケート

 

2年目の視界|マンガ・病院珍百景

 

データで見る!看護師の本音アンケート【全記事まとめ】

 

どれが正解? 点滴ルートの固定方法【全記事まとめ】

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆フィジカルアセスメントの問題◆腹膜炎について、正しい説明はどれでしょうか?

  1. 腹膜炎を起こしているかどうかの判断には、聴診が最も有用である。
  2. 腹部を触ったときに手で腹部を守ろうとする、筋性防御という動きが見られる。
  3. 腹膜刺激症状の特徴として、腹部を圧迫した時よりも、手を離した瞬間の方が強い痛みが生じるという反跳痛というものがある。
  4. 腹膜炎は、特に高齢者で痛みの症状が強く出やすい。

1202人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8106人の年収・手当公開中!

給料明細を検索