ベテラン看護師の態度にモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(12)

看護師かげと白石の今週のモヤッと。タイトルバナー

この連載では、総合病院で働く看護師のかげと中堅看護師の白石が、読者から寄せられた「看護の現場で感じるモヤモヤ」にお答えします。

 

みんなの「モヤッと」が「ピカッと」に変わりますように!

 

連載:看護師かげと白石の今週のモヤッと

Vol.12 ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

人によって態度を変えるベテラン看護師のイラスト

 

看護師かげさんのアイコン

看護師1年目の方からのお悩みです。

 

 

看護師同士、患者さんからも人気な40代のベテラン看護師がいる時に限って何度もミスをしてしまい、今では申し送りで最低限の会話をするだけの険悪な仲になってしまいました。

 

僕としてはミスを見つけてくださって、注意までしてくださるのでありがたいとも思っています。

 

だけど、他のメンバーとは和気あいあいと申し送りをしているのに、自分の時だけ淡々と紙をめくられてしまう状況です。

 

悲しくなると同時に、どうしても何か報告する時に尻込みしてしまって、必要なことを伝えそこなってしまいます。

 

仲良くとは言わないので、なんとか普通の日常会話ができるくらいまで関係を修復できないかなと、いつも考えています。

 

アドバイスをいただきたいです、よろしくお願いします。

ひろぽんさん 看護師1年目

 

 

看護師かげさんのアイコン

文面から謙虚さが滲み出ている…。

「この先輩の時に限って、ミスしちゃう」ってこと、あるよね。

わかるよ~!

 

看護師白石さんのアイコン

そうだよね。

「怒られたら嫌だな」とか、「またミスしてしまうんじゃないか」とか、不安に思う気持ちがあると、緊張して失敗しちゃうんだよね。

 

 

緊張やぎこちなさは伝わる

看護師かげさんのアイコン

僕も、とある先輩がリーダーのときに限って普段しないミスをして、よく謝っていたなぁ。

 

看護師白石さんのアイコン

そうなんだ。

 

看護師かげさんのアイコン

僕の場合は、「ミスしちゃった…」「まただー!」「だめだー…」という引け目から緊張して、先輩との接し方がわからなくてなって。

 

最終的に、会話がぎこちなくなっちゃったんだよね。

 

看護師白石さんのアイコン

わかるなぁ。

でも、もしかしたら向こうは何も思っていないのに、自分がぎこちない雰囲気を作ってしまっていることもあったり…?

 

看護師かげさんのアイコン

そうなんだよね。

自分は無意識だけど、緊張感を持って接しているのは、相手に伝わっちゃうんだよね。

 

看護師白石さんのアイコン

緊張が伝わると、

→ 相手も警戒する

→ それを感じて自分はさらに緊張する

という悪循環に陥っちゃうこともあるよね…。

 

 

「自分」ではなく「患者さん」のために報告する

看護師かげさんのアイコン

だからさ、相談者さんが言っているように、報告するのに尻込みしちゃう気持ちもわかるんだ…。

 

看護師白石さんのアイコン

だよね…。

そういうときは「この報告は患者さんのため」と自分に言い聞かせるのもいいかも!

 

看護師かげさんのアイコン

うんうん!

自分が仕事でやるべきことは、患者さんへの看護だからね。

 

看護師白石さんのアイコン

目の前の仕事に集中することで、ぎこちない雰囲気を自分から払拭できるようになれたらいいなぁ。

なかなか難しいことだけど…!無理ない範囲で試してみてほしい…。

 

 

状況を客観的にみてくれる人に相談する

看護師かげさんのアイコン

あとは、状況を客観的にみてくれそうな先輩に相談してみることかな。

 

看護師白石さんのアイコン

同感!

ミスしてしまった引け目もあって、「自分のことを嫌っている」「自分だけ態度を変えられている」と勝手に思い込んでいる可能性もあるものね

 

看護師かげさんのアイコン

相談するのに一番良いのは、プリセプターとか、すでに信頼関係ができている先輩かな。

 

看護師白石さんのアイコン

うん、そうだね。

実際に相談するときは、悪口にならないように気をつけたほうがいいね。

 

「実はこの前○○のミスをしてしまい、○○さん(ベテラン看護師)との関係が悪くなっている気がするんですけど、先輩からみてどう思いますか? もしそうなら、関係を改善したいと思っているのですが、方法がわからなくて悩んでいます」

 

とか…。

 

看護師かげさんのアイコン

「自分はベテラン看護師と良好な関係を築きたいんです」という気持ちが、素直に伝わるといいよね。

 

看護師白石さんのアイコン

そうだね。

その先輩からのアドバイスで、自分の思い込みだったのか、ベテラン看護師に改善すべき点があるのかなど、状況が見えてくると思う

 

看護師かげさんのアイコン

そしたら、先輩と一緒にどうするべきかを考えやすくなりそう!

 

看護師白石さんのアイコン

うん!

一人で思いつめないで、先輩と相談しながらがんばってください!

 

今週のピカッと


☆「自分」ではなく「患者さん」のための報告だと言い聞かせて、ぎこちなさを自分から払拭してみる

 

☆ 状況を客観的にみてくれる人に相談する

 

 

 

かげ・白石に聞いてほしいモヤモヤは

こちらのフォームからどうぞ!
 

 悩みを相談する 

 

プロフィール
かげさんアイコン

看護師のかげ(@877_727)

医療の勉強に役立つ(てほしい)絵や仕事でのほっこり話などをTwitterでつぶやいています。

10年以上病院で働いてきて、現在はいろんな場所で働いている看護師兼ライター。

最近は、後輩に飴ちゃんあげるおかん系看護師になりつつある。

 

イラスト/かげ
編集/坂本綾子(看護roo!編集部)

 

●書籍紹介

『ホントは看護が苦手だったかげさんの イラスト看護帖〜かげ看〜』

かげ 著、永岡書店

看護師かげさん著「ほんとは看護が苦手だったかげさんのイラスト看護帖~かげ看~」の写影
 

 購入はこちら 

 

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでます

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(1)

 

新人の生育環境|マンガ・病院珍百景

 

データで見る!看護師の本音アンケート【全記事まとめ】

 

どれが正解? 点滴ルートの固定方法【全記事まとめ】

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆フィジカルアセスメントの問題◆呼吸音の聴診で正しいものはどれでしょうか?

  1. 呼吸音を聴診するには、聴診器の膜型を使用する。
  2. 呼吸音の聴診は、前胸部と背部を上から下に聴診する。
  3. 聴診する時、吸気で副雑音が聴こえなければ呼気まで聴診する必要はない。
  4. 自分で体位変換ができない長期臥床患者さんは背部の聴診が難しいため、前胸部の聴診をこまめに行う。

7799人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8104人の年収・手当公開中!

給料明細を検索