キャリアについての周囲の声にモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(7)

看護師かげと白石の今週のモヤッと。タイトルバナー

この連載では、総合病院で働く看護師のかげと中堅看護師の白石が、読者から寄せられた「看護の現場で感じるモヤモヤ」にお答えします。

 

みんなの「モヤッと」が「ピカッと」に変わりますように!

 

連載:看護師かげと白石の今週のモヤッと

Vol.7 キャリアについての周囲の声にモヤモヤ

周囲からの意見に疲れてしまう看護師のイラスト

 

看護師かげさんのアイコン

今回は、施設で働く看護師さんからのお悩みです。

 

 

抱えているモヤモヤを少し……。

看護師2年目ですが、高齢者施設で働いています。

もともと施設看護師を希望していて、1年間病棟で勤めて、念願の施設看護師になりました。

 

仕事はやりがいがあり充実しているのですが、周りから「施設なんてもったいない」「病院にいれば良かったのに」「施設じゃお給料安いでしょ?」とばかり言われて、モヤモヤしています。

 

施設のやりがいを伝えても、「で?」というような感じです。

 

施設看護師を辞めるつもりはありませんが、周りからの声に疲れています。

どうしたら、このモヤモヤを払拭できるでしょうか?

(ちーさん 看護師2年目)

 

看護師かげさんのアイコン

実は、僕も同じような経験があるんだ…。

 

僕の母は、施設で働く看護師なんだけど、僕が施設や訪問看護で働いてみたいと相談したところ「病院の方が勉強できるよ」と反対されたんだよね。

 

でも、勉強できない場所なんてないし、施設には施設の学び、病院には病院の学びがあると思う!

 

看護師白石さんのアイコン

私の母は非医療者だけど、似たような感じだよ。

病院からの転職を考えていたときに「若いうちからクリニックや施設だなんてもったいない!」って言われた。

 

私としては、病院以外の現場も知りたいという考えがあったんだけど、母は聞くをもってくれず…。

 

 

自分の人生だから…

看護師かげさんのアイコン

白石さんは、どうやってお母さんを説得したの?

 

看護師白石さんのアイコン

最終的に、説得はしなかったんだよね(笑)。

 

最初は「わかってもらいたい」と思って、クリニックや施設のやりがいを伝えてたんだけど「病院で働いてほしい」という母の考えは変わらなかった。

 

それでいろいろ考えて「納得してもらう必要はない」と思うようになって。

自分の人生なんだから、許可をもらう必要ってあるのか?と。

 

母親にわかってもらえないさみしさはあるけど「まぁ、しゃーないな!」って。

今は自分の希望どおり、クリニックや施設でも働いているし充実してるよ!

 

看護師かげさんのアイコン

わかるなぁ…。

「母親であっても別の人間なんだから、考え方が違っても仕方ない」って思うようにしてるよ。

 

僕は、今も病院で働いているけれど、それは母から反対されたからではなく、自分で考えて決めたことなんだよね。

 

 

周囲の人に、わかってもらえなくても大丈夫

看護師かげさんのアイコン

親にかぎらず「あなたのことが心配だから…」「あなたのためを思って…」とあれこれ言ってくる人って結構いるよね。

 

看護師白石さんのアイコン

いるよね~。

本人は親切のつもりなんだろうけど。

 

看護師かげさんのアイコン

そういう人とは距離をとってもいいと思うんだよね。

その人を避けるとかでなく、「この人とは仕事の話はしなくてもいい」と決めたりして。

 

看護師白石さんのアイコン

まさしく、私が母親に対してしていることもそう。

仲は良くていろいろおしゃべりするけど、仕事の話はあんまりしないようにしてる。

 

 

それでも何か言ってくる人には…

看護師かげさんのアイコン

そんなふうに線引きしてても、何か言ってくる人もいるよね。

そういうとき僕は、「アドバイスありがとうございます」とにっこり笑って、話題を変えちゃう(笑)。

 

看護師白石さんのアイコン

わかる!隙を与えないというのかな。

なんとなく受け入れるような態度をとったり、うやむやにするとしつこく絡まれることがあるから。

 

たとえば「私は施設看護師として頑張っていきます」とはっきりと伝えたうえで、あとはスルーするとか。

 

看護師かげさんのアイコン

「寄せ付けない空気」も大事だよね!

 

 

楽しそうに働いていれば、周囲の声はおさまってくることも

看護師かげさんのアイコン

あとは、実際に体験してみないとわからないことって多いと思うんだよね。

相談者さんは、すでに施設看護師として働いているんだし。

 

それでやりがいを感じて充実しているなら、それ以上何を言うことがあるの?って。

 

看護師白石さんのアイコン

やりがいをもって、生き生き働いていれば、周囲の声はだんだんおさまってくるとも思うんだよね。

これからも楽しく働いていってください!

 

 

今週のピカッと


☆ 自分の人生だから、周囲にわかってもらえなくても大丈夫

 

☆ それでも何か言ってくる人にはキッパリとした態度を見せる

 

☆ 楽しそうに働いていれば、周囲の声はだんだんおさまってくることも

 

 

 

かげ・白石に聞いてほしいモヤモヤは

こちらのフォームからどうぞ!
 

 悩みを相談する 

 

プロフィール
かげさんアイコン

看護師のかげ(@877_727)

医療の勉強に役立つ(てほしい)絵や仕事でのほっこり話などをTwitterでつぶやいています。

10年以上病院で働いてきて、現在はいろんな場所で働いている看護師兼ライター。

最近は、後輩に飴ちゃんあげるおかん系看護師になりつつある。

 

イラスト/かげ
編集/坂本綾子(看護roo!編集部)

 

●書籍紹介

『ホントは看護が苦手だったかげさんの イラスト看護帖〜かげ看〜』

かげ 著、永岡書店

看護師かげさん著「ほんとは看護が苦手だったかげさんのイラスト看護帖~かげ看~」の写影
 

 購入はこちら 

 

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでます

自分のキャリアのために、異動や転職したほうがいい?|仲本りさのTALK ROOM【11】

 

ベテランナースと「キャリア」|マンガ・ぴんとこなーす【171】

 

データで見る!看護師の本音アンケート【全記事まとめ】

 

どれが正解? 点滴ルートの固定方法【全記事まとめ】

SNSシェア

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆フィジカルアセスメントの問題◆呼吸音の聴診で正しいものはどれでしょうか?

  1. 呼吸音を聴診するには、聴診器の膜型を使用する。
  2. 呼吸音の聴診は、前胸部と背部を上から下に聴診する。
  3. 聴診する時、吸気で副雑音が聴こえなければ呼気まで聴診する必要はない。
  4. 自分で体位変換ができない長期臥床患者さんは背部の聴診が難しいため、前胸部の聴診をこまめに行う。

7815人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8104人の年収・手当公開中!

給料明細を検索