ロリータナース・青木美沙子の訪問看護師日記【1】

こんにちは。ロリータモデルをしながら看護師としても働いている青木美沙子といいます。

現在は、訪問看護ステーションにて訪問看護師として勤務しています。

 

以前看護roo!で特集して頂いた記事も好評で、私きっかけで看護師を目指す方もいるときいて本当に嬉しい気持ちでいっぱいです!ありがとうございます!

 

ロリータモデルナース!青木美沙子の「訪問看護師日記」Vol1-1

 

今回から私が、訪問看護師日記をスタートします。

この日記で訪問看護師について少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいです!

 

 

どうして訪問看護師になったかというと

私は、大学病院で働いた後に訪問看護師となり、数年が経ちます。

私の勤めているステーションにいるメンバーはベテランの看護師さんが多くて、私が最年少です。

私はモデルの仕事を続けるためにこの職場に入りましたが、病棟勤めから在宅の現場に入るといろいろな違いがあって、面白いです。

 

ロリータナース・青木美沙子の訪問看護師日記【1】ステーションは先輩が多いです

 

訪問看護師は一人で処置をすることもあり、新卒の若手の看護師には知識やスキル的に不安も多い職場かもしれません。

たしかに大変なことや、責任の重さを感じることも多々ありますが、訪問看護でしかできないこともたくさんあります。

日々勉強しながらですが、楽しく仕事ができています。

 

在宅は病棟と違うたのしさが♪

私が病棟と在宅で1番違うと思うことは、在宅は患者さん個人に合わせた看護ということ。

 

病棟は何時から検査があり、オペがありと病院サイドで決まっているように患者さんに動いてもらっていましたが、在宅は違います。

患者さんのご自宅での看護ですので、より個別性が重視されます。

訪問時間は決まっていますが、足浴一つ洗髪一つとっても、患者さんによってやり方がそれぞれ違うんです。

 

ロリータモデルナース!青木美沙子の「訪問看護師日記」Vol1

 

その日の訪問先が決まると、その患者さんの情報を申し送りするんですが、その細かさったら!

「洗髪ではこうしてください」とか、「●●の場所はここと決まっているので、動かさないでください」とか。

その患者さんのこだわりや特徴を、病棟にいるときよりもしっかりと理解しないといけないのだなあと思います。

 

でも、それが訪問看護師としてのやりがいにつながっているのも事実です。

患者さんの個別性をきわめた看護ができるのが、私にとってはとても楽しいし、やりがいになってます。

 

次回から、訪問看護師としての私の毎日をご紹介していきます。よろしくお願いします!

 

【次回は4月22日掲載予定です】

 

今月のTopics♪NYに行ってきました!

モデルのお仕事でNYへ♪ニューヨーカーのロリータさんたちとたくさんお会いできました。

とっても寒かったけど、楽しかったです!

ロリータナース青木美沙子の訪問看護日記【1】ニューヨークのロリータさんと

 


【青木美沙子】訪問看護師・モデル。大学病院にて数年勤務後、訪問看護ステーションに勤務し現在も活躍中。2009年からは外務省より”カワイイ大使”に任命され、海外にゴシック&ロリータ・ファッションを広める。最近ではテレビのバラエティ、ドラマでも活躍するロリータのカリスマ的存在。

公式ブログ 『青木美沙子のピンクなラブリーな日記

著書 『青木美沙子のカワイイ♥革命 ロリータときどきナース』(竹書房)

監修 『ロリータファッションBOOK』(マイナビ出版)

【インタビュー】 本当に看護師なんですか?

SNSシェア

コメント

0/100

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆がん看護の問題◆「郭清」の正しい読み方はどれでしょうか?

  1. きょうし
  2. かくし
  3. かくせい
  4. きょうせい

3455人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8515人の年収・手当公開中!

給料明細を検索