シンガポールの看護現場から【2】多宗教国家ならではの病院食

シンガポールで働く日本人ナース“やぁぎぃ”が、海外生活や現地の病院の様子をレポート!!

 

異国の病院では、食事についても日本とは違った配慮が見られます。

 

「私のご飯だけ来ない」?

ある日の病室にて。

 

マレーシア系患者の大柄なお婆ちゃん(胸囲も腹囲も150cm位あります)が、少し怒りながら私に言いました。

 

「なんで私だけご飯が来ないんだー?」

 

この部屋にいる患者さんは全部で6人。

お婆ちゃんは1つ間違っており、他にも2人、ご飯が来ていない患者さんがいました。

1人は経管栄養のおばちゃんで、ご飯は来ません。もう1人は、インド人のお婆ちゃん。

食事を既に食べ始めている3人は皆、中国人の患者さんたちです。

 

(なーるほど……。)

 

ご飯を待つのがとっても辛そうなお婆ちゃんに説明。

 

「あー、今日は中国人のご飯を先に配ったから、あなたのはまだ来ないのねーー。別々のカートでくるからねー。ほーらお隣さんも待ってるでしょう? あなたのご飯が入っているもう1つのカートが、もうそこの病室まで来てるし、もうちょっとだけ待ってくださいねーー。ごめんなさいね~」

 

お婆ちゃんは、既にご飯を食べて初めている3人が中国人なのを確認し、納得した模様。

 

シンガポールでは、色々な国、色々な宗教の人たちが一緒に暮らしています。

マレーシア人はイスラム教を信仰している人がほとんどで、豚は食べません。

インド人はヒンズー教徒が多く、牛を食べません。理由は知りませんが、キリスト教を信仰するインド人も牛は食べないようです。

中国人は豚も牛も食べます。

 

そのため、患者さんによって、食事内容はもちろん、トレイも食器もカートもしっかりと分けられています。

片方のカートは、中国人をはじめ、何でも食べる人用。もう片方は、イスラム教徒、ヒンズー教徒など、菜食(?)の人用です。

 

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | シンガポールの看護現場から【2】多宗教国家ならではの病院食 

ある日のメニュー。こちらは中国人など、何でも食べる人向け。豚肉料理が見えます

 

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | シンガポールの看護現場から【2】多宗教国家ならではの病院食 

同じ日の、イスラムやヒンズーの人向けメニュー。鶏肉が乗っていますが、完全に野菜のみのメニューも選べます

 

一つの病棟の食事が、2つのカートで別々にやってくるので、「あっちは来てるけど、こっちは来てない」ということが起こりうるわけです。

 

 

食器は徹底して区別

信仰心の強いインド人、マレーシア人は、牛や豚を食べる人たちと食器を一緒にされるのがとことん嫌なようです。

 

患者さんが食べ終えたあとの食器は別々に運ばれて行き、別々に洗われます。

そしてまた、別々のカートに別々の食器でご飯が上がってくるんです。

 

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | シンガポールの看護現場から【2】多宗教国家ならではの病院食 

食器の収納棚。左はCHINESE(中国人)、右はMUSLIM(イスラム教徒)と書かれています

 

 

以前、こんなことがありました。

雇われたばかりのマレー系准看護師のAさんが、休憩室でこう言いました。

 

「俺、自分のカップまだ持ってきてないんだよなー。でもお茶を飲みたい。誰かのカップを借りたいんだけど……」

 

すると、マレー系看護師のBさんが答えました。

 

「今いない誰かのを借りちゃえば?」

 

彼は看護師さんたちのカップに書いてある名前を確認。

 

Aさん「△△って誰?」

Bさん「△△は中国人よ」

Aさん「これは?」

Bさん「フィリピン人」

Aさん「フィリピン人て何でも食べるよね」

Bさん「○×さん(マレー系の別の准看護師さん)のカップがそこにあるから、それにしな」

Aさん「おー、良かった。ありがとう」

 

彼は同じマレー系の人のカップで、嬉しそうに紅茶を飲んでいました。

 

その場にいた中国人、フィリピン人、そして日本人の私は、何も言わずその光景を眺めていました。

 

(たとえ洗ったとしても、菜食じゃない人のカップは嫌なんだな……。)

 

シンガポールでは、色々なところにこの言葉が書いてあります。

『 No pork no lard 』(豚肉・豚脂不使用)

 

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | シンガポールの看護現場から【2】多宗教国家ならではの病院食 

病棟の電子レンジにも書いてあります。豚を持ち込むなってことでしょうか?

 

豚だって美味しいんですけどねぇ。

マレー系の人たちにとっては、豚だけでなく豚に触れるものも許せないようです。

 

 

【次の記事】第3回:暖かいシンガポールで働こう!

 


■プロフィール

名前:やぁぎぃ

経歴:東京都出身。日本で胸部外科外科・眼科などで看護師をしたのち、イギリスで看護師→シンガポールで准看護師に。ほかにもいろいろな国へ短期の渡航を経験し、4カ国の看護系免許を保有。

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

仕事トップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆脳・神経の問題◆特発性正常圧水頭症についての説明で正しいものはどれでしょうか?

  1. 歩幅の減少などの歩行障害が表れる。
  2. くも膜下出血に続いて起こる。
  3. 頭部X線検査で確定診断される。
  4. 治療は、薬物療法が第一選択である。

766人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8069人の年収・手当公開中!

給料明細を検索