残業、きちんと申告できてますか?700人分の残業代未払いに是正勧告

【ナース知っ得ニュース 2015/01/14】

 

熊本赤十字病院は、従業員である看護師や事務職員ら約700人に対して、残業代を適正に支払っていないと、熊本労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが分かりました。

これに対して、同病院は、1人あたり数千円~約100万円の未払い分を支払いました。

 

熊本赤十字病院、残業代を不払い 労基署が是正勧告(apital)

 

残業、きちんと申告できてますか?700人分の残業代未払いに是正勧告|ナース知っ得ニュース20150114号|看護師専用Webマガジン【ステキナース研究所】

 

「勉強のための在院」は「勤務」?残業代未払いの実際

熊本赤十字病院によれば、残業代を支払っていなかったのは、2012年4月~2014年3月までの約2年間でした。

同病院が労基省から「職員が病院にいた時間と、支払われた残業代に開きがある」ことを指摘され、差額を支払うよう勧告を受けたのは、2014年4月のこと。そして2014年12月に、全職員の約半数である約700人に対して未払い分の支払いを実行しました。

 

同病院の人事課は、「申告があった残業代は支払っていた」とした上で、未払いの理由として、「業務に関する勉強などを理由に病院にいること」と「業務」との区別があいまいだったことを挙げています。

これに対する改善策としては、労務担当職員の配置などが検討されています。

 

未払いの長時間勤務で自殺者まで?札幌での是正勧告

2014年9月には、KKR札幌医療センターでも同じく残業代や深夜手当の未払いに対する是正勧告がされています。退職者を含めた700人以上に対して、数億円の未払いがあったことが発覚しました。

 

発覚の要因は、同センターに勤務していた女性看護師の自殺。長時間勤務で鬱状態になったのが自殺の原因だとして家族が労災申請したのを受け、札幌東労基署が調査しました。その結果、同センターの各職員のICカードに記録された出退勤時刻と、所属部署に申請した残業時間が一致しないことが判明したそうです。

 

看護師の残業代未払いの現状

過去に当サイトでもご紹介しましたが、2013年の日本看護協会による看護師への調査結果によれば、時間外労働時間は平均14.1時間だったのにもかかわらず、時間外手当が支払われた時間の平均は8.1時間分にとどまっていました。

 

また、支払われた時間外手当に対して、納得していない看護師が48.1%と約半数でした。

このうち、離職を考えている看護師は58.5%にも上っています。

 

(参考)

産経ニュース(2014/10/21)

SNSシェア

コメント

0/100

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆周産期・薬の問題◆切迫早産の治療として、用いられるリトドリン塩酸塩の重篤な副作用に当てはまらない症状はどれでしょうか?

  1. 肺水腫
  2. 狭心症
  3. 顆粒球減少症
  4. 横紋筋融解症

573人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8128人の年収・手当公開中!

給料明細を検索