最終更新日 2019/12/23

ドーパミン

ドーパミンとは・・・

ドーパミン(どーぱみん、dopamine)とは、中枢神経に存在する神経伝達物質である。ドパミンとも表記される。

ドーパミンは、アドレナリンやノルアドレナリンに生成する前の物質(前駆物質)である。運動の調節、ホルモンや循環の調整、学習、意欲、喜び、快楽に関与している。

【ドーパミンが関連する疾患】
ドーパミンの分泌が減少することで発症する病気が、パーキンソン病である。
また、ドーパミンが過剰に分泌されることで、統合失調症が生じると考えられている。

執筆: 神谷侑画

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター副医長 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ