看護用語辞典 ナースpedia キーワード:コンプライアンス

コンプライアンスとは・・・

最終更新日 2018/03/29

コンプライアンス(こんぷらいあんす、compliance)とは、肺の膨らみやすさを表す指標である。肺コンプライアンスとも呼ばれる。人は横隔膜や肋間筋などを連動して動かすことで、胸腔内の圧力を上下させ、肺に空気を取り込んで膨らませたり、縮ませたりしている。1回の換気量を得るためにどれだけ圧力を変化させる必要があるか、これがコンプライアンスである。単位はmL/cmH2Oで、例えば「コンプライアンスが60mL/cmH2O」であれば「1cmH2Oの圧で肺が60mL膨らむことができる」と解釈できる。

コンプライアンスに影響を与えるものとして、肺を構成する弾性線維による「縮もうとする力」と、肺胞表面に存在するサーファクタント(表面活性物質)による「縮むのを阻む力」がある。これらに影響を与えるような病態があるときにコンプライアンスは低下したり、上昇したりする。

○コンプライアンスが低下する状態(肺が膨らみにくくなる)

肺の線維化が亢進することで肺が硬くなり膨らみにくくなる。この病態に代表されるものとして、特発性肺線維症や間質性肺炎などがある。また、肺のサーファクタントの機能が障害されて肺が縮みやすくなり、肺が膨らみにくくなるものとして、肺水腫、肺炎、ARDS(急性呼吸窮迫症候群)などがある。

○コンプライアンスが上昇する状態(肺が膨らみやすくなる)

肺胞構造が破壊されるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)では弾性線維による縮もうとする力が弱くなり、肺は膨らみやすくなる。しかし、一方で肺が縮みにくくなるのでCOPDの患者は息を吐くことが難しくなる。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ここを褒めて!あなたの褒めてほしいポイントは?

投票数:
1286
実施期間:
2019年05月28日 2019年06月18日

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1268
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1110
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1082
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1004
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
877
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
1487
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3927

COPDの動向について、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.日本においてCOPDの原因は、大気汚染によるものが主因である。
  • 2.2015年のWHO調査では、COPDは世界の死因の10位以内には入っていない。
  • 3.喫煙率が低下しているため、世界的に今後10年間でCOPDの患者さんは減少する。
  • 4.日本ではCOPD死亡者の半数以上を80歳代が占めている。
今日のクイズに挑戦!