看護用語辞典 ナースpedia キーワード:バレー徴候

バレー徴候とは・・・

最終更新日 2018/02/08

バレー徴候(ばれーちょうこう、Barré sign)とは、日本で上肢拳上試験として用いられる手足の軽い麻痺(錐体路障害)を見出す検査の際に、麻痺を起こした上下肢に認める症状のことである。本検査はバレー試験と呼ばれ、脳梗塞、脳出血、その他の錐体路障害を来す疾患を調べる目的で行われる。

【バレー試験】
バレー試験では上肢、下肢の検査を行う。

■上肢のバレー試験
上肢の試験は、手のひらを上にして両腕を前方に肩の高さまで水平に上げる。目を閉じてもらい両腕をそのままの位置に保ってもらう。麻痺がある場合、麻痺側の小指が離れ(第5指徴候)、上肢が回内(手のひらが内側に曲がりながら回る)しながら、次第に下に落ちてくる。上肢の錐体路障害では回外筋よりも回内筋の緊張が強くなり、伸筋よりも屈曲筋の緊張が強くなるため、このような徴候となる。

■下肢のバレー試験
ベッドにうつ伏せになってもらい、両膝関節が接しないように直角に曲げ、保持してもらう。麻痺側の下肢は自然に下降、落下したり、いったん落下して元に戻ったりするなどの症状を来す。下肢の錐体路障害では伸筋の緊張が屈筋の緊張よりも強くなるために、このような症状が出現する。

より簡便な下肢麻痺の診察方法として、Mingazzini(ミンガズィーニ)試験が有用であり、この試験を用いることも多い。仰向けで股関節を90度くらい屈曲し、膝を接しないように離し、下腿をベッドと水平にし、空中に保持させる。麻痺側の足は自然と下降する。

執筆

黒川 暢

宇都宮記念病院 総合検診センター産業医

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

「急性期ベッドが減る」って本当に本当なの?|看護roo!ニュース

次の改定、7対1看護の条件がさらに厳しくなるかも!?なぜかというと… [ 記事を読む ]

与薬原則の6つのR、言える?

与薬のミスを防ぐために…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師のお給料って安くないですか?

投票数:
1296
実施期間:
2019年06月28日 2019年07月19日

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1202
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1098
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1005
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
934
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
677
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者540

近年注目されている精神療法で、入院や薬物治療ではなく、対話を重視した治療方法をなんというでしょうか?

  • 1.家族療法
  • 2.リフレクティング
  • 3.オープンダイアローグ
  • 4.バイオフィードバック
今日のクイズに挑戦!