看護用語辞典 ナースpedia キーワード:バレー徴候

バレー徴候とは・・・

最終更新日 2018/02/08

バレー徴候(ばれーちょうこう、Barré sign)とは、日本で上肢拳上試験として用いられる手足の軽い麻痺(錐体路障害)を見出す検査の際に、麻痺を起こした上下肢に認める症状のことである。本検査はバレー試験と呼ばれ、脳梗塞、脳出血、その他の錐体路障害を来す疾患を調べる目的で行われる。

【バレー試験】
バレー試験では上肢、下肢の検査を行う。

■上肢のバレー試験
上肢の試験は、手のひらを上にして両腕を前方に肩の高さまで水平に上げる。目を閉じてもらい両腕をそのままの位置に保ってもらう。麻痺がある場合、麻痺側の小指が離れ(第5指徴候)、上肢が回内(手のひらが内側に曲がりながら回る)しながら、次第に下に落ちてくる。上肢の錐体路障害では回外筋よりも回内筋の緊張が強くなり、伸筋よりも屈曲筋の緊張が強くなるため、このような徴候となる。

■下肢のバレー試験
ベッドにうつ伏せになってもらい、両膝関節が接しないように直角に曲げ、保持してもらう。麻痺側の下肢は自然に下降、落下したり、いったん落下して元に戻ったりするなどの症状を来す。下肢の錐体路障害では伸筋の緊張が屈筋の緊張よりも強くなるために、このような症状が出現する。

より簡便な下肢麻痺の診察方法として、Mingazzini(ミンガズィーニ)試験が有用であり、この試験を用いることも多い。仰向けで股関節を90度くらい屈曲し、膝を接しないように離し、下腿をベッドと水平にし、空中に保持させる。麻痺側の足は自然と下降する。

執筆

黒川 暢

宇都宮記念病院 総合検診センター産業医

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1434
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1310
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1186
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1087
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
946
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
757
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1024

◆感染の問題◆以下のうち、スタンダードプリコーションの物品に含まれないものはどれでしょうか?

  • 1.擦式手指消毒薬
  • 2.サージカルマスク
  • 3.手袋
  • 4.滅菌ガウン
今日のクイズに挑戦!