最終更新日 2019/09/30

脳性ナトリウム利尿ペプチド

脳性ナトリウム利尿ペプチドとは・・・

脳性ナトリウム利尿ペプチド(のうせいなとりうむりにょうぺぷちど、Brain Natriuretic Peptide;BNP)とは、おもに心室で生合成されるホルモンである。心室に負荷がかかった場合に分泌されるため、血中濃度を測定することで心不全や心肥大といった心臓病の診断・早期発見、重症度の診断、治療効果の確認などが可能になる。基準値は18.4(pg/mL)以下(CLIA法)。
 

引用参考文献
1)BNP/NT-proBNP|ホルモン | 検査値早わかりガイド.看護roo!.

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

関連する記事はありません。

1777単語公開中!

用語辞典トップへ