看護用語辞典 ナースpedia キーワード:専門看護師

専門看護師とは・・・

専門看護師(せんもんかんごし)とは、解決困難な健康問題を持つ個人や家族に対して、より質の高い看護ケアを提供するための、深い知識と技術を持った看護師のことである。
特定の専門分野ごとに認定される資格で、日本看護協会が行う専門看護師認定試験の合格者に与えられる。
CNS(Certified Nurse Specialist)。

■専門分野は以下の13領域。
(1)がん看護 (2)精神看護 (3)地域看護 (4)老人看護 (5)小児看護 (6)母性看護 (7)慢性疾患看護 (8)急性・重症患者看護 (9)感染症看護 (10)家族支援 (11)在宅看護 (12)遺伝看護 (13)災害看護

■各分野で専門看護師が期待される役割は以下のとおり。
(1)実践:個人、家族及び集団に対して卓越した看護を実践する。
(2)相談:看護職を含むケア提供者に対しコンサルテーションを行う。
(3)調整:必要なケアが円滑に行われるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行う。
(4)倫理調整:個人、家族及び集団の権利を守るために、倫理的な問題や葛藤の解決をはかる。
(5)教育:看護職に対しケアを向上させるため教育的役割を果たす。
(6)研究:専門知識及び技術の向上並びに開発をはかるために実践の場における研究活動を行う。
認定看護師がより限られた特定分野での実践を重視した資格であるのに対し、専門看護師は幅広い分野における教育や研究に携わる資格である。
専門看護師は、例えば、診療科目にかかわらず院内や患者を見回ったり、一般看護師への指導を行ったりする。

以上のように高度な知識と技術が求められる専門看護師になるためには多くのプロセスが必要とされている。

■専門看護師になるには
そもそも認定試験を受けるには、看護師の免許を持ち、以下の2つの条件を満たしている必要がある。
(1)看護系大学院修士課程修了者で、日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位(総計26単位または38単位)を取得していること。
(2)実務経験が通算5年以上。そのうち3年間以上は専門看護分野の実務経験。

その上で書類審査・筆記試験(120分、論述式問題)に合格してはじめて、専門看護師として認定されるのである。
なお、この資格は、専門看護師のレベル保持のために5年ごとの更新制を採っていて、更新の際は、過去5年間の看護実績や研究成果、研修業績の審査を受けなければならない。

2016年12月現在、1883人の専門看護師が全国で活躍している。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

「夜勤で体を壊さないために」ナースが知るべき3つのエビデンス

ナースの健康を守れ!効果的な夜勤中/夜勤前後の睡眠方法をお教えします。 [ 記事を読む ]

「痛がり」の患者さん、どう対応すればいい?

痛み止めを頻繁にほしがる患者さん。「予防鎮痛」が対応のポイントになるかも? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今年(2017年)一番、がんばったことは何?

投票数:
907
実施期間:
2017年12月29日 2018年01月19日

人生の最期に食べたいものは?

投票数:
782
実施期間:
2018年01月02日 2018年01月23日

これは面白いと思う、医療がテーマの小説は?

投票数:
868
実施期間:
2018年01月05日 2018年01月26日

経口で摂取する栄養剤、食べた(or飲んだ)ことある?

投票数:
671
実施期間:
2018年01月09日 2018年01月30日

鎮痛薬・胃腸薬、常備してる?

投票数:
637
実施期間:
2018年01月12日 2018年02月02日

後輩にオススメしたい看護がテーマの書籍は?

投票数:
419
実施期間:
2018年01月16日 2018年02月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者100

次の選択肢の中で、以下のバイオハザードマークのある容器に捨てる医療用廃棄物はどれでしょうか?

  • 1.使用済み注射針
  • 2.血液が付着したガーゼ
  • 3.手術で摘出した組織
  • 4.検査で使用したシャーレ
今日のクイズに挑戦!