データで見る専門看護師

「専門看護師(CNS:Certified Nurse Specialist)」に関するデータをグラフとイラストで見てみましょう。

 

 

 

1.専門看護師の数

専門看護師の人数は2020年12月現在、2733人となっています。

 

専門看護師の人数推移グラフ。1996年は6人、2001年は26人、2006年は186人、2011年は798人、2016年は1883人、2020年は2733人

出典:専門看護師登録者一覧(日本看護協会)

 

1996年に専門看護師の認定がスタートして以来、年々増えています。

 

なお、認定看護師の人数は2020年12月現在、2万1847人です。

 

 

 

2.専門看護師 分野別の人数

専門看護師には13の専門看護分野があります。各分野の人数をまとめました。

 

専門看護分野ごとの人数(2020年12月現在、降順)。がん看護946人、精神看護364人、急性・重症患者看護311人、小児看護279人、慢性疾患看護230人、老人看護	206人、感染症看護90人、母性看護87人、在宅看護87人、家族支援73人、地域看護27人、災害看護22人、遺伝看護11人

出典:専門看護師登録者一覧(日本看護協会)

 

1996年から認定の始まった「がん看護」の専門看護師が946人で、最も人数の多い分野となっています。

 

次に多いのは、同じく96年からの「精神看護」です。2017年から始まったばかりの「遺伝看護」「災害看護」は、まだ少ない状況です。

 

また、日本看護系大学協議会では「専門看護師の教育課程」を認定しており、教育課程としては、上の13分野のほか「放射線看護」も認定されています

 

 

3.専門看護師 地域別の人数

専門看護師の地域別の人数をマップにまとめました。

 

専門看護師の地域別の人数(2020年12月現在)。北海道・東北285人、関東1048人、北陸・講師熱163人、東海265人、関西520人、中国137人、四国100人、九州・沖縄215人

出典:専門看護師登録者一覧(日本看護協会)

 

専門看護師は全国で活躍しています。

 

専門看護師の都道府県別の人数は次の通りです。

 

専門看護師 都道府県別の人数 閉じる
専門看護師 都道府県別の人数(2020年12月末)
都道府県 人数
北海道 154人
青森 10人
岩手 21人
宮城 43人
秋田 17人
山形 21人
福島 19人
茨城 35人
栃木 39人
群馬 50人
埼玉 60人
千葉 101人
東京 527人
神奈川 236人
新潟 38人
富山 19人
石川 25人
福井 21人
山梨 34人
長野 26人
岐阜 36人
静岡 69人
愛知 119人
三重 41人
滋賀 34人
京都 58人
大阪 218人
兵庫 174人
奈良 25人
和歌山 11人
鳥取 6人
島根 119人
岡山 42人
広島 52人
山口 21人
福岡 105人
佐賀 12人
長崎 20人
熊本 19人
大分 19人
宮崎 11人
鹿児島 6人
沖縄 23人

 

 

4.専門看護師の平均年齢、経験年数

専門看護師の平均年齢は44.4です。

看護師としての経験年数は22年前後のベテランナースが多いようです。

 

専門看護師の平均年齢・経験年数のインフォグラフ

出典:専門看護師登録者一覧2019年度専門看護師活動実態調査(日本看護協会)

 

看護師として10年ほど経験を積んだ後、大学院に進学して23年かけて学び、看護師15年目前後で専門看護師の資格を取得する

 

――といった道のりが、専門看護師の平均的なキャリアコースと言えるでしょう。

 

 

5.専門看護師の男女比

専門看護師の男女比は、男性が約11%、女性が約89となっています。

 

専門看護師の男女比のインフォグラフ(2019年12月現在)

出典:専門看護師登録者一覧(日本看護協会)

看護師全体に占める男性看護師の割合は約8%なので、専門看護師は男性の比率が全体よりもやや高いと言えます。

 

男性の専門看護師は、特に「精神看護」「急性・重症患者看護」「感染症看護」「災害看護」の専門看護分野で多いようです。

 

 

6.専門看護師の所属施設

専門看護師が働く場所(所属施設)は病院が約80%を占めています。

 

専門看護師の所属施設(2019年12月現在)のインフォグラフ

出典:専門看護師登録者一覧( 日本看護協会 )

 

病院のほかに専門看護師が所属する施設としては、

 

  • 学校・大学(10%)
  • 訪問看護ステーション(4%)
  • クリニック・介護施設・その他(3%)
  • 所属施設なし(離職中)(3%)

 

となっています。

「在宅看護」「がん看護」の専門看護師の中には、訪問看護ステーションで働いている人もいます。

 

 

専門看護師は「病院」のどこにいる?

 

病院で働く専門看護師は、主にどこに配属されているのでしょうか。

 

病院で働く専門看護師の所属部署(2019年12月現在)の図表。病棟40%、看護管理部・室17%、外来15%、ICU・CCU・HCU7%、救命救急センター4%、その他17%

出典:専門看護師登録者一覧(日本看護協会)

 

病院で働く専門看護師は、病棟に配属されることが多いようです。

看護業務全体をマネジメントする管理部門、患者さん・ご家族のコンサルテーション機能や病棟・地域・多職種との調整スキルを発揮しやすい外来部門で働く専門看護師もいます。

 

 

7.専門看護師 認定審査の合格率

専門看護師の認定審査は、日本看護協会が毎年1回、10~11月に行っています。

 

13分野平均の合格率は、ここ数年、78%ほどで推移しているようです

※2016~2018年度の平均。2019年度の合格率は非公表。

 

専門看護師認定審査の合格率についてのインフォグラフ

出典:専門看護師登録者一覧(日本看護協会)

 

 

看護roo!編集部 烏美紀子(@karasumikiko

 

(引用・参考)

専門看護師(日本看護協会)

2019年度専門看護師活動実態調査結果(日本看護協会)

 

SNSシェア