看護用語辞典 ナースpedia キーワード:糸球体濾過量

糸球体濾過量とは・・・

最終更新日 2019/03/01

糸球体濾過量(しきゅうたいろかりょう、glomerular filtration rate;GFR)とは、腎臓の機能を表す検査値である。GFRは、特に慢性腎臓病(CKD)において、腎機能の重症度評価に重要な指標として用いられている。

【糸球体とは?】
腎臓は、ネフロンの集合体である。ネフロンとは腎小体とそれに続く尿細管からなり、これが腎臓の基本的な機能単位である。ネフロンは、左右の腎臓にそれぞれ約100万個存在し、各ネフロンで濾過、再吸収、分泌、濃縮が行われて尿が作られていく。

腎小体には、1本の輸入細動脈が入り、それが分岐した後に再度一本となって輸出細動脈として出てゆく。この輸入細動脈が分岐して毛細血管となった塊を糸球体とよぶ。

【役割】
糸球体濾過量は、その名の通り、フィルターの役割をしている糸球体が一分間にどのくらいの血液を濾過して尿を生成するかを表している。国際的にGFRを求める基準法は、尿細管で再吸収も分泌もされない物質「イヌリン」を使用して、糸球体・尿細管から尿中に排泄された割合(クリアランス)を測定する「イヌリンクリアランス」である。ただ、日常的に実施しにくい検査であるため、24時間の尿中クレアチニン排泄量を測定して得られる「クレアチニンクリアランス」が近似値として用いられてきた。しかし、近年はより簡便で日常診療に利用しやすい血清クレアチニン値、年齢、性別から算出する推算GFR(estimated GFR;eGFR)を用いることを日本腎臓学会は推奨している。

 

引用参考文献
1)河合忠.異常値の出るメカニズム.医学書院,7版,2018,52.(ISBN9784260032407)
1)河合忠.異常値の出るメカニズム.医学書院,7版,2018,191.(ISBN9784260032407)

執筆

浅香葉子

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

看護師的ナイスフォロー!気が利く同僚たちをご紹介|看護師の本音アンケート

「めちゃくちゃ助かる!ありがとう!」と感激した同僚エピソード。みんなも経験ある? [ 記事を読む ]

稽留熱?間欠熱?発熱のアセスメントと対応をおさらい!

原因からケアのポイントまでわかりやすく解説。 [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
1341
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
1296
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
1272
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1099
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1002
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
735
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
481
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1819

◆脳・神経の問題◆開放式脳室ドレナージ中の患者さん。体位変換をする際、各クランプを閉鎖する順番として、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.A→B→C→D
  • 2.B→C→D→A
  • 3.C→D→A→B
  • 4.D→A→B→C
今日のクイズに挑戦!