最終更新日 2018/06/19

成長ホルモン

成長ホルモンとは・・・

成長ホルモン(せいちょうほるもん、growth hormone〈GH〉)は下垂体前葉から分泌されるホルモンで、文字通り成長を促進する作用や代謝作用を有する。

具体的な作用としては、骨細胞の合成やタンパク質の合成促進、脂肪分解による血糖値の維持などがある。

成長ホルモンが関与する代表的な疾患は、過剰分泌では先端巨大症や下垂体性巨人症で、分泌低下ではGH分泌不全性低身長などがある。

執筆: 小川顕太

亀田総合病院 集中治療科フェロー 救命救急センター

SNSシェア

この単語に関連する記事

用語辞典トップへ