最終更新日 2018/05/08

海馬

海馬とは・・・

海馬(かいば、hippocampus)とは、側頭葉内側にあり、記憶の形成に重要な役割を果たしている大辺縁系の一部である。海馬、状回、海馬台を合わせて海馬体といわれる。ローマ神話にでてくるヒポカンパス(馬の上半身に魚の尾がついた想像上の動物)に形が似ていることから名付けられた。アンモン角(Ammon’s horn)とも呼ばれる。

記憶は海馬で短期記憶として一時的に保存されたあと、大脳皮質(側頭葉など)に送られ保存される(長期記憶)。

アルツハイマー病では、最初に海馬が障害されるため記憶障害を引き起こす。またうつ病や心的外傷後ストレス障害(PTSD)の患者では、長年のストレス環境下のため海馬が萎縮していることが多い。

執筆: 神谷侑画

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター副医長 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ