看護用語辞典 ナースpedia キーワード:大腸ポリープ

大腸ポリープとは・・・

最終更新日 2018/02/28

大腸ポリープ(だいちょうぽりーぷ)は、大腸粘膜面から内腔に向かって突出する隆起性病変の総称である。病理学的にはさまざまなものが含まれるが、多くは腫瘍性の腺腫もしくは非腫瘍性の過形成性ポリープである。

【分類】
腫瘍性のものは、腺腫とに分類され、腺腫は前述の通り最も頻度が高い。形態により、管状腺腫、管状絨毛腺腫、絨毛腺腫などに分類され、後者ほど癌化しやすい。一部の早期癌は大腸ポリープとして切除され、切除後に病理学的に癌と診断されることがある。

非腫瘍性のものは、過形成性ポリープ、過誤腫性ポリープ、炎症性ポリープなどに大別される。
・過形成性ポリープ
大腸上皮の過形成により生じ、異型のない腺管の延長と上皮の鋸歯状構造を認める。S状結腸と直腸に多い。癌化は稀。鋸歯状腺腫(SSA/Pといわれ過形成性ポリープと腺腫の中間的な性質をもつ)は癌化の危険性があるといわれている。
・過誤腫性ポリープ
組織を形成する成分の一部が過剰増殖し混合異常をきたしたもの。ごく稀に癌化する。
・炎症性ポリープ
大腸の炎症を背景に周囲粘膜から隆起する病変のこと。潰瘍性大腸炎クローン病などの炎症性腸疾患の場合は多発して見られることが多い。

【診断と治療】
大腸ポリープは、通常は無症状だが便潜血陽性になることがある。大きなものでは血便や下血をきたすこともある。診断には大腸内視鏡検査が有用で、大きさやpit pattern(大腸腺窩の開口部の粘膜表面から見た形態や配列)、NBI拡大観察(波長の異なる2つの短波の狭帯域光を作り、粘膜表面構造と毛細血管走行を描出する方法)などを確認し治療方針を決定する。出血などを見られるもの、6mm以上の腺腫、癌が疑われるものなどは内視鏡的治療(ポリペクトミーやEMR、ESDなど)の適応となる。

 

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

シバリングの対応、大丈夫?

見過ごすと低酸素血症や眼圧・脳圧の上昇につながることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

ナース・プラクティショナーの制度に賛成?反対?

投票数:
1276
実施期間:
2019年07月30日 2019年08月20日

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1231
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1071
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1053
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
946
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
817
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
305
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4670

血液中のpH値が7.35未満にある状態をなんというでしょうか?

  • 1.アシドーシス
  • 2.アルカローシス
  • 3.アシデミア
  • 4.アルカレミア
今日のクイズに挑戦!