看護用語辞典 ナースpedia キーワード:フットポンプ

フットポンプとは・・・

最終更新日 2017/07/18

フットポンプ(ふっとぽんぷ)とは足部や下腿を間欠的に圧迫することで下肢の静脈血の還流を手助けする医療機器である。手術後など臥床を要する患者の静脈血栓塞栓症を予防することを目的としている。間欠的空気圧迫装置、IPCポンプとも呼ばれる。

■静脈血栓塞栓症
静脈血栓塞栓症は、深部静脈血栓症と肺血栓塞栓症の総称である。

通常人間の静脈血は、下肢筋肉の運動時の筋ポンプ作用によって重力に逆らい、下肢の末端から心臓へと還流している。手術後など長い間床上での安静を強いられると末端の静脈血が心臓に還流することができなくなり、血液がその場にとどまって血栓が生じることがある。これを深部静脈血栓症と呼び、そこでできた血栓が肺の動脈をつまらせると肺血栓塞栓症と呼ばれる。

深部静脈血栓症は太ももやふくらはぎの腫れや痛みなどの症状を起こすこともあるが、無症状で気づかれないことも多い。肺血栓塞栓症は胸の痛みや息苦しさを感じる。

静脈血栓塞栓症は手術後に限らず、飛行機やバスなどで同じ体勢を長くとり続けていても発症し、エコノミー症候群やロングフライト血栓症などとも称される。重症例では死に至ることもあるため、フットポンプなどによる予防が行われている。

■種類
フットポンプは4種類あり、それぞれは下記のとおりである。
・下腿型(カーフポンプ)
・足底型(フットポンプ)
・下腿大腿型(カーフタイポンプ)
・足底下腿型(フットカーフポンプ)
上記の中でも、下腿(膝から足首までの部位)を中心に圧迫するカーフポンプと、足底部を圧迫するフットポンプがよく用いられる。それぞれ手術の種類や患者の状態などにより使い分けられている。

■メリット・デメリット
・メリット

出血のリスクが高く、薬物の投与が困難な患者に適用可能である。また、下肢の運動が不可能な場合でも、下肢の静脈の還流を促すことができる。
・デメリット
チュープでつながれている状態であるため、早期離床を妨げる恐れがある。

■注意点
深部静脈血栓症の発症が疑われる場合、すぐに使用を中止する。深部静脈血栓症の患者にフットポンプを用いると、血栓を遊離させて肺血栓塞栓症を起こす危険性があるためである。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

知らないでは済まされない「LGBT」のこと

「目の前の患者さんはLGBTかもしれない」看護師が知っておくべきこと [ 記事を読む ]

院内感染対策

感染対策のキホンをおさらい。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

自分ががんになったら…補完代替療法、行いたい?

投票数:
940
実施期間:
2018年10月02日 2018年10月23日

「看護師辞めたい」と「看護師やっててよかった!」どっちを思うことが多い?

投票数:
916
実施期間:
2018年10月05日 2018年10月26日

業務時間内に仕事が終わったけど周りはまだ仕事中…そんな時どうする?

投票数:
873
実施期間:
2018年10月09日 2018年10月30日

細かすぎて伝わらない喜び選手権!

投票数:
667
実施期間:
2018年10月16日 2018年11月06日

つばを吐きかけた患者に平手し減給処分。同じ看護師としてどう思う?

投票数:
661
実施期間:
2018年10月17日 2018年11月07日

看護実習、ブラックだった?

投票数:
667
実施期間:
2018年10月18日 2018年11月08日

ナース服を洗濯する頻度は?

投票数:
620
実施期間:
2018年10月19日 2018年11月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者111

「スポルディングの分類」についての説明で、正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.軟性内視鏡はクリティカル器材のため、滅菌を行う。
  • 2.手術用器械はセミクリティカル器材のため、高水準消毒を行う。
  • 3.便器はノンクリティカル器材のため、低水準消毒を行う。
  • 4.ネブライザーはノンクリティカル器材のため、高水準消毒を行う。
今日のクイズに挑戦!