看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ジスキネジア

ジスキネジアとは・・・

最終更新日 2018/12/21

ジスキネジア(じすきねじあ、dyskinesia)とは、自分の意志に関係なく身体が動いてしまう不随意運動の一種である。ジスキネジーともいう。疾患の一症状として表れることもあれば、投薬の副作用として表れることもある。

【症状】
■口周囲・舌(口舌ジスキネジア)、顔、頸部で起きる動きの例

・舌の突出、捻転、舌打ち、舌なめずり
・咀嚼、開口などの反復
・口すぼめ
・口唇振戦(唇の細かな震え)
を食いしばる
・顔をしかめる
・首が勝手に片側を向く

■四肢、体幹で起こる動きの例
・指を繰り返し曲げ伸ばしする
・手をねじるような動きをする
・立ったり座ったりなど同じ動きを繰り返さす
・足や膝がくねくね動いてじっとしていられない

激しい動きが長時間続くと体は疲労し、動きを抑えようとすればするほど悪化する傾向にある。日常生活にも大きな支障をきたすので、適切な治療・対処が必要となる。

【ジスキネジアを引き起こす要因】
■パーキンソン病治療薬

パーキンソン病の治療薬として、ドーパミンを補充する薬「L-ドパ(レボドパ)」などを長期間服用すると、レボドパに対して脳が敏感に反応するようになり、薬が効き過ぎてしまいジスキネジアの症状が出ることが多い。

■抗精神病薬
これらが要因となり起こるジスキネジアの症状は、ゆっくり、あるいは遅れて発症することが多いため、遅発性ジスキネジアと呼ばれる。

 

引用参考文献
1)重篤副作用疾患別対応マニュアル ジスキネジア.厚生労働省.

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

後輩指導でぶっちゃけトーク!|看護師のお悩みホンネ座談会【3】

看護roo!サロンで後輩指導をテーマに本音トーク。新人ナースへのメッセージも! [ 記事を読む ]

滴下数の計算、大丈夫?

注入速度が速すぎると呼吸困難や血圧低下を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「現場でのプレッシャーが半端ない!」選手権

投票数:
1217
実施期間:
2019年06月25日 2019年07月16日

看護師のお給料って安くないですか?

投票数:
1258
実施期間:
2019年06月28日 2019年07月19日

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1165
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1061
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
946
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
838
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者291

以下の中で、気管吸引が禁忌となる患者さんはどれでしょうか?

  • 1.高濃度酸素を投与しても酸素化が維持できない状態の患者さん
  • 2.肝機能に高度の障害がある状態の患者さん
  • 3.頭蓋内圧亢進状態の患者さん
  • 4.気管吸引に絶対的な禁忌はない
今日のクイズに挑戦!