最終更新日 2018/10/29

アルコール

アルコールとは・・・

アルコール(あるこーる、alcohol)とは、広義には、エチルアルコール(エタノール)、メチルアルコール(メタノール)、プロピルアルコールなどのアルコール類の総称である。
一般的には、酒類に分類される。医療現場では、エタノールをアルコールと呼称し、消毒薬として使用される。

【関連疾患】
アルコールの摂取により引き起こされる急性疾患としては、エタノール中毒(急性アルコール中毒)が挙げられる。また、慢性疾患としては、アルコール依存症やアルコール性肝硬変などがある。さらには、2017年に米国臨床腫瘍学会によって、アルコールによる発がん性も指摘されている。

執筆: 小川顕太

亀田総合病院 集中治療科フェロー 救命救急センター

SNSシェア

この単語に関連する記事

用語辞典トップへ