看護用語辞典 ナースpedia キーワード:くる病

くる病とは・・・

最終更新日 2019/01/07

くる病(くるびょう)とは、カルシウムやリンなどの栄養素が不足することで発症する骨軟化症のことである。特に小児期に多く見られる。カルシウムやリン、ビタミンDが不足すると骨の硬さを維持できず、軟らかい細胞組織が骨の中で増加する。骨の軟化が進行すると、骨が曲がったり、骨折しやすくなったりする。栄養摂取に偏りがある場合、くる病が発症しやすくなるとされる。

【原因】
ビタミンD、カルシウム、リンの不足が発症原因とされる。
ビタミンDは、カルシウムを効率良く体内に吸収させるために重要な役割を担っている。さらに骨の新陳代謝を促進する働きをする。カルシウムが体内に吸収されなくなると、リンの生成ができなくなる。

【症状】
骨が柔らかく、曲がりやすくなり、伸びにくくなる。頭蓋骨が柔らかい、O脚、乳歯が生えるのが遅い、低身長、転びやすいなどが見られる。

【検査・診断】
血液検査(カルシウム・リン・ビタミンDの濃度測定、アルカリホスファターゼ活性の上昇)
・骨レントゲン撮影

【治療】
日光浴の推奨と食事療法が基本となる。生活習慣が原因の場合(極端な外出制限など)は、生活習慣の改善で治療でき、再発も予防可能である。しかし、低リン血性くる病といった遺伝子変化による場合は、継続的にリンやビタミンDの内服が必要となる。

 

引用参考文献
1)くる病.一般社団法人 日本内分泌学会.

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

看護師の平均年収480万円!給料データを大調査【2019年版】

「年収が高い」イメージの看護師。それってホント?最新データから徹底解説! [ 記事を読む ]

オペ室の器械がよくわかる!器械ミュージアム

器械の暗記はオペナースのキホン!使い方はもちろん、細部の機能まで写真で説明してるからわかりやすい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師の仕事は好きですか?

投票数:
1453
実施期間:
2019年04月05日 2019年04月26日

腰が痛くて困ったことはありますか?

投票数:
1109
実施期間:
2019年04月12日 2019年05月03日

職場の飲み会でお酌しますか?

投票数:
1077
実施期間:
2019年04月16日 2019年05月07日

【転職経験者さん限定】前の病院と違っていて驚いたことありますか?

投票数:
850
実施期間:
2019年04月19日 2019年05月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者316

75歳 女性、直腸がんにより低位前方切除術後、S状結腸単孔式ストーマ造設術が施行されました。術後6日目、ストーマサイズは縦28mm、横28mm、高さ15mmで、現在皮膚障害はありません。ストーマケアで最も適切なのは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.面板の粘着力が強いため、引っ張って面板を剥がした。
  • 2.ストーマ装具の交換3日目で5mmほど面板の溶解を認めた。次回も3日目で交換しましょうと指導した。
  • 3.ペンで、面板にストーマサイズより1mmほど大きめにカットラインを書いた。
  • 4.面板の外側から貼付した。
今日のクイズに挑戦!