最終更新日 2018/04/17

共同偏視

共同偏視とは・・・

共同偏視(きょうどうへんし、conjugate deviation)とは、両目が同じ方向または対称性を持ち、偏って位置する状態のことである。

一側の病変(出血・梗塞)で生じることがあり、出血においては被殻出血では患側に、小脳出血では健側に、視床出血では内下方に偏位する、といったように部位によって特徴がある。また、てんかん(発作)で共同偏視が起こることもある。

片眼のみの位置異常など、共同性がない眼球偏位の場合には、外眼筋や眼周囲組織の異常をまず考える。それに対して頭蓋内疾患では両眼に影響が及びやすく、時にこのような特徴的な所見を呈する。両目に共同性のある位置異常が起こるのは脳から外眼筋までの神経経路には左右に分かれる場所があるためである。

ただし、頭蓋内疾患により斜偏位が出現することがある。この場合には位置の共同性はなく非対称性のずれとなるため、一見すると片眼のみの眼球偏位に見えることがある。よって偏位の確認には眼球運動とともに眼位を診ることが重要である。

執筆: 小笠原幹英

みらいず眼科 院長 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ