1. 動画でわかる!看護技術>
  2. 輪状甲状靱帯切開> 輪状甲状靱帯切開の介助

2016年04月18日

輪状甲状靱帯切開の介助


【監修】

中島恵美子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【執筆】

伊藤有美 (杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 講師)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

「輪状甲状靭帯切開」の目的

●異物や損傷・血腫・腫瘍などによる上気道閉塞がある場合に緊急的な最終手段として気道確保し、換気・酸素化を維持する

●上気道に貯留した分泌物を吸引することにより気道クリアランスを改善する

 

「輪状甲状靭帯切開」の適応

●気管挿管ができない、あるいは、気管挿管が遅れると生命維持ができない緊急性が高い場合に適応される

●開口困難例や気管挿管不成功例、顔面外傷・大量出血などの気管挿管不可例、喉頭浮腫・喉頭痙攣などの上気道閉塞例などに用いられる

●緊急時以外として、気管チューブ抜去後の気道クリアランスが低下している患者に適応される場合もある

 

「輪状甲状靭帯切開」の禁忌

●輪状甲状靭帯が狭くて同定しづらく声門下狭窄を起こしやすい場合(①12歳以下、②咽頭外傷、③気管損傷、④声門下狭窄など)や、血液凝固異常などが禁忌である

 

「輪状甲状靭帯切開」の必要物品

  • バッグバルブマスク
  • 聴診器
  • 輪状甲状靭帯切開キット
  • バルスオキシメーター
  • 消毒セット
  • 注射器
  • 注射針
  • 局所麻酔薬
  • 滅菌ガウン
  • サージカルマスク
  • 穴あき滅菌ドレープ
  • 滅菌手袋
  • キャップ
  • 救急カート

 

「輪状甲状靭帯切開」の準備

(1)患者さん・ご家族に説明し、同意を得る

 

(2)患者さんの体位を調整する

 

(3)切開やすいように肩まくらを挿入する

 

(4)必要物品を滅菌野に準備する

 

「輪状甲状靭帯切開の介助」の実施手順

(1)【看護師】これから消毒をし、ドレープをかけることを患者さんに説明する

 

(2)【医師】患者さんに消毒をし、患者さんにドレープをかける

 

(3)【医師】局所麻酔後に、輪状甲状靭帯切開を行う

 

(4)【看護師】切開中、全身状態の観察を行う

 

(5)客観的に観察して疼痛を判断し、医師に報告する

 

(6)患者さんへ声をかけ、精神的サポートを行う

精神的サポートの一例

・処置の進捗状況を伝える
・苦痛の有無を質問する


(7)チューブを固定し、患者さんの観察を継続する

 

(8)必要時、気管吸引を実施する


【引用・参考文献】

(1)日本救急看護学会監修:V 外傷患者に対する基本的処置と対応 5.気道(A)の異常に対する基本的処置と対応.外傷初期看護ガイドライン JNTECTM 改訂第3版.p.193~195、東京、へるす出版、2014.
(2)野村岳志:麻酔科医に必要な気道確保のポイントと教育 緊急気道確保:器具と外科的処置 ②輪状甲状膜穿刺(切開).日本臨床麻酔学会誌.Vol.34、No.4、p.613~621,2014.
(3)四本竜一:抜管前後の観察・評価 ⑤輪状甲状靭帯切開とケア. Vol.59、No.11、p.59~62、2013.
(4)片岡由美:気道緊急確保と確保困難患者への対応.Vol.5、No.1、p.28~39.2015.

関連記事

いちおし記事

ついにイジメを告発!

浜田師長からのイジメを告発したもも子!看護部長の反応は…? [ 記事を読む ]

睡眠障害に関するQ&A

「眠れません」 「夜中に目が覚めます」といった訴えに対し、どんなケアができるでしょうか? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

電子タバコ、吸ったことある?

投票数:
891
実施期間:
2018年05月08日 2018年05月29日

2交替の人に質問!仮眠のあとどうやって起きてる?

投票数:
790
実施期間:
2018年05月11日 2018年06月01日

院外研修、受講料どうしてる?

投票数:
738
実施期間:
2018年05月15日 2018年06月05日

ネットワークビジネス、誘われたことある?

投票数:
696
実施期間:
2018年05月18日 2018年06月08日

瞳孔の観察、自信ある?

投票数:
611
実施期間:
2018年05月22日 2018年06月12日

いつ勉強してる?

投票数:
591
実施期間:
2018年05月25日 2018年06月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者364

母体は、未受診であり、在胎週数は不明です。自宅近くの産院で出産しました。出生体重1,300g、身長40cm、頭位29cm、体温36℃、心拍数125回/分、呼吸数35回/分、酸素飽和度98%で当院に搬送されて来ました。新生児は極低出生体重児と判断し、経過観察となりました。あなたが気を付けるべきことで、適切でないのは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.入院時の保育器36~37℃で設定し、体温管理に注意する。
  • 2.同一部位でのテープ固定を徹底する。
  • 3.感染を起こさないよう、気温と湿度に注意する。
  • 4.不感蒸泄などによる水分損失に注意する。
今日のクイズに挑戦!