1. 動画でわかる!看護技術>
  2. 経皮的ペーシング> 経皮的ペーシングの実施方法

2016年04月18日

経皮的ペーシングの実施方法


【監修】

中島恵美子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【執筆】

加賀谷聡子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

「経皮的ペーシング」とは

●経皮的ペーシングは、症状を伴う重篤な徐脈性不整脈に対して、循環動態改善のために緊急で実施される

●気刺激をパルス状に発生させ、その電気を胸部に貼布したパッドを通して体外から伝えることで、心臓を収縮させ、徐脈を改善する

 

「経皮的ペーシング」の禁忌

●重症低体温(代謝の低下による生理的な徐脈であり、心室細動を引き起こしやすいため)

●20分以上経過した徐脈性の心停止(蘇生率が低く、生存したとしても深刻な脳機能障害を引き起こすため)

●意識があり、循環動態が安定している患者さん

●ペーシングパッドを貼布する位置の皮膚に異常のある患者さん

 

「経皮的ペーシング」の必要物品

  • 鎮痛薬・鎮痛剤
  • 注射器
  • 注射針
  • 消毒液
  • 固定用テープ
  • ペーシング用ケーブル
  • ドレッシングフィルム材
  • ペーシングパッド
  • 経皮的ペーシング用ペースメーカー装置
  • 救急カート

 

「経皮的ペーシング」の準備

(1)患者さんとご家族への説明内容を確認する

 

(2)必要に応じ鎮痛・鎮静を行う

 

(3)医師の指示に従い薬剤を準備する​

 

(4)毛深い患者さんの場合は、剃毛を行う

 

(5)事前に貼布薬などは除去しておく

 

(6)急変に備え、救急カートを準備しておく

 

「経皮的ペーシング」の実施手順

(1)除細動器の心電図モニターを患者さんに装着する

 

(2)ペーシングパッドを左前胸部・対極面の背部に貼布する

 

(3)除細動器にペーシング用ケーブルを接続する

 

(4)ケーブルの他方は、ペーシングパッドのコネクターと接続する

 

(5)ペーシング中の脈拍は、必ず大腿動脈で確認する

 

 

(6)疼痛の有無を確認し、我慢しないように患者さんに説明する

 

(7)モニターの波形を観察し、トラブルがないか確認する

 

(8)血圧測定・脈拍触知で循環動態のチェックを経時的に行う

 

「経皮的ペーシング」におけるトラブルについて

【トラブル1】ペーシング不全

電気刺激が出ているのに、心筋の興奮が生じない状態(QRSが生じない状態)

 

【おもな原因】
電流量(出力レベル)が低いことによる

 

【対策】
①QRSが確認されるまで電流量を増加させる
②ペーシングパッドの位置をずらすことで改善される場合もある
③代謝性アシドーシスや低酸素血症なども要因となるため、検査データを確認し、必要に応じて補正を行う

 

【看護師の対応】
看護師の対応としては、医師に報告するとともに、機器が正常に作動し接続されているか今一度確認することが必要

 

【トラブル2】センシング不全

デマンドペーシングで自己心拍(QRS)を感知できない状態

 

【対策】
心電図のサイズを大きくするようにペースメーカーの設定を変更する
②心電図の誘導を変えたり、ペーシングパッドの位置を変えることが有効な場合もある
③新しいパッドに張り替える必要がある場合もある

 

【看護師の対応】

看護師の対応としては、医師に報告するとともに、ペーシングパッドが乾燥したり変性していないか確認する

 

【トラブル3】オーバーセンシング

筋電図など、QRS以外の電位を感知してしまうこと

 

【原因】

原因となる電位には、筋電位やT波などがある

 

【対策】
①心電図のサイズを小さくするようにペースメーカーの設定を変更する
②心電図の誘導を変えたり、ペーシングパッドの位置を変えることが有効な場合もある
③オーバーセンシングが続く場合、ノンデマンドペーシングに変更する必要が生じる場合もある

 

【看護師の対応】

発見次第、医師にすみやかに報告する

 

【撮影協力】

日本光電工業株式会社


関連記事

いちおし記事

癒し系ドクターの裏の顔

優しく仕事のできる癒し系ドクター。見た目のキャラとは裏腹に…! [ 記事を読む ]

ドレーン管理

開腹術後患者の観察ポイントは? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

リフレッシュ休暇!もし10日もらえたらどこへ行く?

投票数:
1162
実施期間:
2018年05月01日 2018年05月22日

「辞めたい」のは看護師?職場?

投票数:
865
実施期間:
2018年05月04日 2018年05月25日

電子タバコ、吸ったことある?

投票数:
800
実施期間:
2018年05月08日 2018年05月29日

2交替の人に質問!仮眠のあとどうやって起きてる?

投票数:
701
実施期間:
2018年05月11日 2018年06月01日

院外研修、受講料どうしてる?

投票数:
633
実施期間:
2018年05月15日 2018年06月05日

ネットワークビジネス、誘われたことある?

投票数:
546
実施期間:
2018年05月18日 2018年06月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4121

80歳女性Aさんは、入院前は一人暮らしをしており、活動的な性格でした。身体疾患の治療が終わり、退院の調整に入ったころから「何もしたくない」と言い始め、一日を通して臥床している時間が長く、食事と排泄以外は自発的な行動が見られない状況でした。次の選択肢のうち、Aさんへの対応として適切でないものはどれでしょうか?

  • 1.身体的苦痛がないか、全身状態を観察する。
  • 2.退院後の生活について話を聞いてみる。
  • 3.うつ病を疑い、GDSにて評価する。
  • 4.「気分転換に散歩しましょう」と離床を促す。
今日のクイズに挑戦!