1. 動画でわかる!看護技術>
  2. 外用薬の与薬> 軟膏の塗布・湿布の貼付

2016年04月18日

軟膏の塗布・湿布の貼付


【監修】

山本君子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【執筆】

加治美幸 (杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 講師)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

 

「軟膏の塗布・湿布の貼付」とは

●薬剤を皮膚から吸収させる与薬方法のことである

 

「貼付薬」の種類

  • 局所作用製剤:局所的に作用し、貼付部位周囲の炎症や痛みを抑える薬剤のこと
  • 経皮吸収製剤:に全身に作用し、一定の血中濃度を維持する薬剤のこと。狭心症治療薬や鎮痛薬など

 

「軟膏の塗布・湿布の貼付」における禁忌

(1)貼付薬は、創傷部位や粘膜、湿疹・発疹がある部位には貼付しない

(2)塗布や貼付の量を誤ると、重篤な副作用が発現する可能性があるため留意する

 

「軟膏の塗布・湿布の貼付」の必要物品

  • 指示書
  • 軟膏(指示された薬剤)
  • 貼付薬(指示された薬剤)
  • トレイ
  • ディスポーザブル手袋
  • 塗布用・貼付部位の清拭用タオル
  • 温タオル
  • ビニール袋(廃棄物入れとして使用)
  • 膿盆(廃棄物入れとして使用)

 

「軟膏の塗布・湿布の貼付」の準備(共通)

(1)指示書の記載内容や、医師から患者さんへの説明内容を確認する

ポイント

患者さんに点鼻の説明をするため、医師の説明内容とその内容に患者さんがどんな反応を示すか、事前に知っておく

 

(2)医師による与薬指示が患者さんに適しているか、アセスメントする

アセスメント項目

  • 患者さんの状態
  • 過去の副作用の有無
  • 薬剤の用法・容量・作用・副作用

(3)6Rを確認し、トレイに必要物品を準備する

 

■誤薬防止のため6R(Right)

  • 正しい患者(氏名、部屋番号など):Right Patient
  • 正しい薬剤:Right Drug
  • 正しい量:Right Dose
  • 正しい方法:Right Route
  • 正しい時間:Right Time
  • 正しい記録:Right Record

(4)衛生的手洗いを行う

(5)患者さんの本人確認を行い、軟膏・貼付の目的と方法を説明し、同意を得る

 

「軟膏の塗布」実施手順

(1)軟膏を塗布する部位の汚れや汗を除去する。塗布する箇所の皮膚を洗い流すか、タオルなどで十分に拭き取る

 

(2)軟膏を塗る。指先に軟膏をつけて、患部がしっとりと潤う程度に薄く塗布する。必要時、綿棒や綿球に軟膏をつけて塗布する

ポイント

一般的にステロイド薬は薄く塗る。抗真菌薬は、感染部分を拡大させないために、外側から中心に向かって塗る

 

「湿布の貼付」実施手順

(1)古い貼付薬を除去する。皮膚に刺激をあたえないように静かに貼付薬をはがし、かゆみや発赤、発疹の有無などの観察をおこなう

 

(2)貼付部位を清拭する。皮膚の汚れや汗をタオルなどで十分に拭き取る

 

(3)貼付剤を手で開封し、日時を油性ペンで記入する

・ハサミなど鋭利なもので開封すると、誤って薬剤を破損してしまう危険がある

・はがし忘れや、貼り忘れを防ぐために貼付日時を記入する

 

(4)新しい貼付薬を貼る

  • 局所作用製剤の場合:患部に貼付薬を貼る
  • 経皮吸収製剤の場合:前回の貼付部位とは異なる場所へ貼る
ポイント

(1)同じ場所に貼付すると、皮膚のトラブルを起こしやすくなる

 

(2)認知機能の低下した患者さんの場合は、手の届きにくいところに貼付する

 

(5)貼付薬を、手で押さえて皮膚に密着させる

(6)粘着力がなくなって、密着しなくなった貼付薬は、すみやかにあたらしい貼付薬に貼り直す

根拠あたらしい貼付薬に貼り直す理由

貼付薬ははがれると速やかに血中濃度が下がるため

 

「軟膏の塗布・湿布の貼付」の実施後手順(共通)

(1)患者さんに終了したことを伝え、患者さんの状態や副作用の有無などを確認する

(2)患者さんの体位を整え、ナースコールを手元に置いて退出する

(3)物品をもとの場所にもどし、ゴミは決められた方法で廃棄する

(4)衛生的手洗いをする

(5)薬剤・量・方法・部位・時間・患者さんの状態と薬の効果・副作用などを記録し、サインする

・軟膏・貼付薬による効果を確認し、副作用の早期発見に努める

・実施者の責任を明確にするため、サインをおこなう

 


【引用・参考文献】

(1)浦部晶夫 他(編集):皮膚科用剤,今日の治療薬 解説と便覧 2015,1041,南江堂,東京,2015.
(2)栗原博之(監修):経皮与薬,看護技術がみえる vol.1 基礎看護技術,231,メディックメディア,東京,2014.
(3)小林優子 他(著):経皮的与薬,系統看護学講座 専門分野Ⅰ 基礎看護技術Ⅱ 基礎看護学③,284-285,医学書院,東京,2013.
(4)五味田裕(監修):貼付薬を正しくつかう,臨床場面でわかる!くすりの知識,80-85,88-95,南江堂,東京,2013.
(5)日本看護協会:MRI(磁気共鳴画像法)検査室内の磁性体吸着事故や熱傷事故等について;2010/5/10.(2016/01/08アクセス)
(6)深井喜代子(編集),阪本みどり(著):皮膚用製剤の塗布・貼付,新体系 看護学全書 基礎看護学③ 基礎看護技術Ⅱ,262-264,メヂカルフレンド社,東京,2014.

関連記事

いちおし記事

ついにイジメを告発!

浜田師長からのイジメを告発したもも子!看護部長の反応は…? [ 記事を読む ]

睡眠障害に関するQ&A

「眠れません」 「夜中に目が覚めます」といった訴えに対し、どんなケアができるでしょうか? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

電子タバコ、吸ったことある?

投票数:
891
実施期間:
2018年05月08日 2018年05月29日

2交替の人に質問!仮眠のあとどうやって起きてる?

投票数:
790
実施期間:
2018年05月11日 2018年06月01日

院外研修、受講料どうしてる?

投票数:
738
実施期間:
2018年05月15日 2018年06月05日

ネットワークビジネス、誘われたことある?

投票数:
696
実施期間:
2018年05月18日 2018年06月08日

瞳孔の観察、自信ある?

投票数:
611
実施期間:
2018年05月22日 2018年06月12日

いつ勉強してる?

投票数:
591
実施期間:
2018年05月25日 2018年06月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者373

母体は、未受診であり、在胎週数は不明です。自宅近くの産院で出産しました。出生体重1,300g、身長40cm、頭位29cm、体温36℃、心拍数125回/分、呼吸数35回/分、酸素飽和度98%で当院に搬送されて来ました。新生児は極低出生体重児と判断し、経過観察となりました。あなたが気を付けるべきことで、適切でないのは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.入院時の保育器36~37℃で設定し、体温管理に注意する。
  • 2.同一部位でのテープ固定を徹底する。
  • 3.感染を起こさないよう、気温と湿度に注意する。
  • 4.不感蒸泄などによる水分損失に注意する。
今日のクイズに挑戦!