1. 動画でわかる!看護技術>
  2. 注射> 筋肉注射(上腕部)~実施~

2016年04月18日

筋肉注射(上腕部)~実施~


【執筆】

山本君子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

「筋肉注射(上腕部)」の実施手順

(1)患者さんの本人確認をする

 

(2)誤薬防止のため、6Rを声に出しながら、指差し確認を行い、注射指示書と照合する

 

■誤薬防止のため6R(Right)

  • 正しい患者(氏名、部屋番号など):Right Patient
  • 正しい薬剤:Right Drug
  • 正しい量:Right Dose
  • 正しい方法:Right Route
  • 正しい時間:Right Time
  • 正しい目的:Right Purpose

 

(3)刺入部位を露出する

ポイント

肩峰から3横指下の三角筋中央部または前半部

ポイント

筋肉が豊富で、重要な神経や血管が少なく、皮膚に隣接している骨がない部分を選択する。血管や神経の損傷、筋の短縮・拘縮を避ける

 

(4)注射部位をアルコール綿で消毒する。刺入部位を中心に、外側に向かって円を描くように消毒し、アルコールが乾燥するまで待つ

 

(5)三角筋の筋層を大きくつまみ、筋層の太さ等を確認する

 

(6)注射器の刃面を上に向ける

ポイント

刃面を上にむけると皮膚への刺入が簡単になる

 

(7)注射針を45~90度の角度で2/3程度 (約2cm)刺入する

ポイント

皮下脂肪層の厚い場合は90度で刺入する

皮下脂肪層の浅い場合は45~60度で刺入する

 

(8)しびれや激しい痛みの有無を確認する

 

(9)血液の逆流がないことを確認する

 

(10)薬液をゆっくり注入する

 

(11)アルコール綿で軽く圧迫する

マッサージをする理由

薬剤の浸透を促し、疼痛の緩和や硬結を予防する

 

(12)針と注射器を針捨容器に捨てる

 

(13)気分不快の有無と刺入部の止血を確認する


【引用・参考文献】

(1)藤井徹也(著):考える基礎看護技術Ⅱ 看護技術の実際,ヌーヴェルヒロカワ,2015:267-279.
(2)肥後すみ子(著):新体系 看護学全書 基礎看護学③ 基礎看護技術Ⅱ,メヂカルフレンド, 2015:270-286.
(3)脇坂豊美,川西千恵美(著):学ぶ・試す・調べる 看護ケアの根拠と技術,医歯薬出版,2014:125-136.

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(1)

1わからないばかり2017年04月22日 02時39分

すみませんが
つまんだままに、刺すはうがいいか
針を固定して摘ままず針を刺すはうがいいか良い?
教えてください

いちおし記事

コミュニティナースって知ってる?

「町を健康にする」看護師の取り組みをマンガでご紹介します。 [ 記事を読む ]

睡眠障害Q&A

「夜中に目が覚める」「熟睡できない」そんな患者さんのケアは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

おしゃれだな、と思うアイテムどれ?

投票数:
569
実施期間:
2017年04月09日 2017年04月30日

ナースのサービス残業。その実態は?

投票数:
483
実施期間:
2017年04月12日 2017年05月03日

「あの頃」に戻れるならいつがいい?

投票数:
476
実施期間:
2017年04月14日 2017年05月05日

CMで、看護師のイメージアップのためのキャラクター誰がいい?

投票数:
539
実施期間:
2017年04月18日 2017年05月09日

業務中、どのくらいマスクしてる?

投票数:
459
実施期間:
2017年04月21日 2017年05月12日

恋人と別れた理由…何だった?

投票数:
340
実施期間:
2017年04月25日 2017年05月16日

夜勤の仮眠、一緒に入ってる人が寝過ごしたらどうする?

投票数:
234
実施期間:
2017年04月28日 2017年05月19日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者218

担当患者のAさんは個室に入室中で、安静度はベッド上安静です。左前腕に留置していた末梢静脈カテーテルが閉塞したため、今からカテーテルの入れ替えを行います。末梢静脈カテーテルの挿入時の行動で正しいものはどれでしょうか?

  • 1.手指衛生は、Aさんの病室入室前とカテーテル挿入後の手袋を外した後の2回行う。
  • 2.Aさんは右利きなので、了承をとって下肢にカテーテルを留置する。
  • 3.挿入前には70%アルコールで挿入部位から外に向けて、円を描くように2回以上消毒する。
  • 4.静脈留置カテーテルを挿入する際には、手袋、エプロン、マスク、ゴーグルを着用する。
今日のクイズに挑戦!