1. 動画でわかる!看護技術>
  2. 褥瘡ケア> 座位での褥瘡予防(体圧分散)

2016年04月18日

座位での褥瘡予防(体圧分散)


【監修】

中島恵美子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【執筆】

松村 康平(杏林大学医学部付属病院 看護師)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

 

「座位での褥瘡予防(体圧分散)」の適応

●同一体位を余儀なくされ、自力での体位交換が不可能な患者に対し実施する
●栄養状態が悪く皮膚が㿗弱など、褥瘡発生リスクが高い患者に対し実施する

 

「座位での褥瘡予防(体圧分散)」の禁忌

●循環動態の変化が著しい患者は禁忌とする

 

「座位での褥瘡予防(体圧分散)」の必要物品

  • ポジショニンググローブ
  • 小枕
  • 耐圧分散マット(ビーズマット)
  • 安楽枕

 

「座位での褥瘡予防(体圧分散)」の実施手順

(1)褥瘡予防のためのポジショニングを説明し、同意を得る

 

(2)事前に好発部位の皮膚を観察しておく

 

(3)ベットの屈曲部と腰が合っていることを確認する

ポイント

ギャッチアップ30度以上で、ズレが生じるため注意する

ポイント

ベットの屈曲部と腰が合っていることを確認する

 

(4)ベッドから背中を離し、背中にかかる外力を取り除く

 

(5)ポジショニンググローブで背抜きを行う

 

(6)局所圧迫が起こらないよう、腕の下に安楽枕を挿入する

 

(7)膝を曲げ安楽枕を挿入する

 

(8)踵部の下にビーズマットを挿入する

 

(9)患者さんに苦痛などがないか確認する

 

「車いす使用時のポジショニング」の実施手順

(1)必要に応じて安楽枕などを使用する

 

(2)股関節・膝関節・足関節を90度にするため、ビーズマットを挿入する

 

(3)患者さんに苦痛などがないか確認する

 

(4)車いす座位は1時間を目途にしてベットへ臥床する


【引用・参考文献】

(1)岡庭 豊(執筆),医療情報科学研究所(編集):看護技術が見える vol.1,メディックメディア,東京,2014:278-285.
(2)竹内修二,松永保子(編著):看護技術の根拠Q&A,照林社,東京,2010:116-121.

関連記事

いちおし記事

准看護師を選んだ理由で一番多いのは?

現状に不満は?将来像は?本音が集まりました。 [ 記事を読む ]

輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?

ルート内に空気が入った場合、どれくらいまで大丈夫? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

最近の新人教育の方針は?

投票数:
822
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
757
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
582
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者189

88歳の女性。庭で倒れているところを帰宅した家族に発見され、救急車で搬送されました。救急隊の情報では、患者さんのそばには空の農薬の瓶があり、また患者さんの顔や口には白濁した吐物が付着し、その吐物や呼気からニンニク臭がしているとのことでした。病院到着後も流涎と発汗が著しく、振戦のような筋肉の動きが見られています。病院到着後のバイタルサインは下図のとおりです。この患者さんに対して行う最も適切な対応はどれでしょうか?

  • 1.薬物の吸収を阻害するために、気管挿管前に胃洗浄を行い、活性炭を投与する。
  • 2.SpO2低下があるが、過剰な酸素投与は肺の線維化を促進するため、最低限の酸素投与にとどめる。
  • 3.ムスカリン様作用である縮瞳や徐脈があるため、硫酸アトロピンを投与する。
  • 4.薬物を排出させるために、血液浄化療法を始める。
今日のクイズに挑戦!