2016年04月18日

パウチ交換|ストーマケア(3)


【監修】

中島恵美子(杏林大学保健学部看護学科看護学専攻 教授)

 

【執筆】

松村 康平(杏林大学医学部付属病院 看護師)

監修者・執筆者・監修大学についての詳細

 

「パウチ交換」の目的

●適切にストマの装具交換をおこない、患者さんの不快を取り除く

 

「パウチ交換」の適応

●消化管ストマ造設患者

●尿路ストマ造設患者

 

「パウチ交換」の必要物品

  • マスク
  • ビニール袋
  • 消毒液
  • ガーゼ・布など
  • エプロン
  • 手袋
  • マスク
  • ぬるま湯
  • 剥離剤
  • 洗面器
  • 膿盆
  • ノギス
  • はさみ
  • ストマパウチ
  • 石けん

 

「パウチ交換」の準備

(1)手指衛生をおこなう

(2)感染予防のため、ディスポーザブル手袋・エプロン・マスクを装着する

(3)パウチ交換の前に、排泄物を捨てておく

(4)患者さんの姿勢を立位から椅子に浅く腰を掛けた状態にし、腹部のしわ・たるみが自然になるように伸ばす

(5)患者さんに間違いがないか本人確認をする

 

「パウチ交換」の実施手順

(1)ストマの下にガーゼを準備し、患者さんに一声かけ、パウチを剥がす。皮膚トラブルを予防するため、指で皮膚を押さえながら少しずつやさしく剥がす

 

ポイント

パウチ交換の目安は、皮膚保護材の溶解部分がストマ孔から1cm以内

 

(2)ストマとストマ周囲の皮膚状態を観察する

 

■観察項目

  • 痒みの有無
  • 発疹の有無
  • 発赤の有無

 

(3)ストマとストマ周囲を洗浄する

ポイント

・石けんをよく泡立て、やさしく洗い、皮膚の垢や汚れを十分に落とす

・石けんが残らないように、ぬるま湯でしっかりと洗い流す

・皮膚の水分をガーゼなどで拭き取り、十分に乾かす

 

(4)患者さんの状態に応じて、パウチ装着前に皮膚保護材を使う

ポイントストマ周辺にびらんがある場合

粉状皮膚保護材を使用する。このとき、余分な粉ははらっておくとよい

ポイント皮膚に深いしわやくぼみがある・ストマの陥没やいびつな形の場合

排泄物の漏出を防ぐため、ペースト状・シールタイプ・リングタイプの皮膚保護材をストマ周辺に貼る

 

(5)パウチを装着する。パウチの向きを確認し、皮膚保護材の剥離紙を剥がし、しわを伸ばしてから貼付する

 

(6)装着後、数秒間貼付面を押さえなじませる

 

「パウチ交換」の実施後手順

(1)交換したストマ装具についての記録をおこなう

 

■記録項目

  • ストマ装具の種類 
  • ストマ装具のサイズ
  • ストマのサイズ
  • ストマの高さ
  • ストマの形
  • ストマの色
  • ストマの交換日

【引用・参考文献】

(1)溝上祐子(監修):ナースのためのやさしくわかるストーマケア.ナツメ社,東京,2015.

関連記事

いちおし記事

夢は医者と結婚!?猛禽ナース現る!

無職の旦那に代わって働くもも子。そんな中、イケメン研修医と彼を狙う猛禽ナースが現れて… [ 記事を読む ]

熱中症のケア

熱中症の重症度は3段階。各症状に応じた対応をまとめした。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

忘れられない患者さん、いますか?

投票数:
853
実施期間:
2018年06月26日 2018年07月24日

実録! わたしの周りの「浜田師長」

投票数:
781
実施期間:
2018年06月29日 2018年07月27日

洒落にならないほど怖い心霊体験ありますか…? 

投票数:
767
実施期間:
2018年07月03日 2018年07月31日

看護師は見た! 院内恋愛の修羅場事情

投票数:
707
実施期間:
2018年07月06日 2018年08月03日

新人ナース限定!誰にも言えない「甘え」や「弱音」抱えてない?

投票数:
564
実施期間:
2018年07月10日 2018年08月07日

落ち込んだ心を救ってくれたあの人の一言

投票数:
441
実施期間:
2018年07月17日 2018年08月14日

新人ナースのICU配属 アリ?ナシ?

投票数:
562
実施期間:
2018年07月13日 2018年08月14日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4086

以下の選択肢は、認知症のある入院患者さんへの対応について説明したものです。治療環境の視点から、最も正しいものはどれでしょうか?

  • 1.自宅では薬カレンダーを使用して内服の自己管理をしていたが、入院となったので看護師管理とした。
  • 2.点滴を抜去してしまうので、両手を抑制した。
  • 3.膀胱留置カテーテル管理中だが、尿意を訴えるので「おしっこは管が入っていますからトイレには行かないようにしてください」と説明だけした。
  • 4.治療上、医師よりベッド上で安静の指示があった。長時間の臥床になるため、適宜、体位を調節するようにした。
今日のクイズに挑戦!