2014年08月05日

採血(1) 注射器での採血

 

この動画について


【監修】

日本医療大学保健医療学部看護学科

准教授 小島 悦子

 

北海道科学大学保健医療学部看護学科

講師 久賀 久美子

 

「採血(注射器使用)」:必要物品

(1)トレイ 

(2)手袋 (感染予防のために使用)

(3)針捨容器 (針やシリンジ等の感染性廃棄物を使用後すぐに捨てる際に使用)

(4)駆血帯 

(5)真空採血

(6)注射器(シリンジ) (採血量に適したシリンジを使用)

(7)注射針 (一般的に21~23Gの針を使用)

(8)アルコール綿・絆創膏

(9)指示箋 

(10)肘枕 (患者さんの腕を置くために使用。安定した形状・材質のものを使用)

 

「採血(注射器使用)」:実施手順

(1)患者さんに説明する

患者さんに採血の目的や手順を説明し、採血する患者さんに間違いがないか、本人確認をする

 

(2)患者さんに注射前の準備をする

衣服等を整え、肘枕の上に肘を伸ばした状態で腕を乗せてもらう

 

(3)駆血帯を巻く

刺入部位の約10㎝上に駆血帯を巻き、血管を確認する

■ポイント■

弾力があり、太く、まっすぐで、拍動がない静脈を選ぶ

 

(4)刺入部位を消毒する

アルコール綿で刺入部位を中心に外側に円を描くように消毒し、乾燥をするまで待つ

【根拠:アルコールが乾燥するまで待つのはなぜ?】
アルコールは乾燥していないと消毒効果がないため、乾燥したことを必ず確認する

 

(5)刺入する

親指で、刺入部位から約10cm下皮膚を伸展させる

■根拠:親指で皮膚を伸展させるのはなぜ?■

皮膚を伸展させることで、血管が固定されるので、針が刺しやすくなる

■ポイント:刺入角度■

注射針のカット面を上にして、血管の走行に合わせて、10~20度の角度で刺入する

⇒針が血管に刺入したら、針の角度を少なくして針を少し進める

 

(6)必要量の血液を採取する

注射器をしっかりと固定したまま、皮膚を引いていた手を離し、内筒をゆっくり引いて必要量を採取する

⇒患者さんに痛みやしびれがないかを確認し、異常があれば抜針する

 

(7)駆血帯を外し、抜針する

注射器を固定したまま駆血帯をはずし、針を抜く

■ポイント■

針を抜くと同時に、刺入部位をアルコール綿で押さえ、患者さんに圧迫してもらう

 

(8)スピッツに分注する

採取した血液は、患者さんが注射部位を圧迫している間に、試験管立てのスピッツに自然吸引にまかせてゆっくりと分注する

■ポイント■

抗凝固剤入りの試験管は、数回、静かに転倒混和する

 

(9)後片付けをする

使用した注射器と注射針はリキャップせずに、専用の針捨容器に入れる

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(4)

4jteotlfa2015年11月21日 03時36分

01/01/1967

3みこ2015年06月04日 08時00分

よくわかった。

2Makoto2014年11月19日 22時13分

無理に吸い取ろうとすると溶血してしまうので、気をつけてくださいね。

1匿名2014年10月09日 22時14分

素晴らしい技術

いちおし記事

コミュニティナースって知ってる?

「町を健康にする」看護師の取り組みをマンガでご紹介します。 [ 記事を読む ]

睡眠障害Q&A

「夜中に目が覚める」「熟睡できない」そんな患者さんのケアは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

習い事、何してる?

投票数:
458
実施期間:
2017年04月07日 2017年04月28日

おしゃれだな、と思うアイテムどれ?

投票数:
546
実施期間:
2017年04月09日 2017年04月30日

ナースのサービス残業。その実態は?

投票数:
457
実施期間:
2017年04月12日 2017年05月03日

「あの頃」に戻れるならいつがいい?

投票数:
457
実施期間:
2017年04月14日 2017年05月05日

CMで、看護師のイメージアップのためのキャラクター誰がいい?

投票数:
502
実施期間:
2017年04月18日 2017年05月09日

業務中、どのくらいマスクしてる?

投票数:
410
実施期間:
2017年04月21日 2017年05月12日

恋人と別れた理由…何だった?

投票数:
298
実施期間:
2017年04月25日 2017年05月16日

夜勤の仮眠、一緒に入ってる人が寝過ごしたらどうする?

投票数:
36
実施期間:
2017年04月28日 2017年05月19日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者401

血液疾患を疑われて内科病棟に検査入院中の、83歳の女性患者さん。血小板は低値ですが、ADLは自立しています。夜間、トイレに行こうとして、転倒し、しりもちをつきました。本人は「大丈夫」とのことでしたが、痛みが激しいため、鎮痛薬が処方されました。翌朝のバイタルサインは体温35.8℃、脈拍数134回/分、血圧80/45mmHg、呼吸回数30回/分、SpO2は手が冷たく、測定できませんでした。患者さんに起こっている病態として、念頭におくべきことは何でしょうか?

  • 1.血液分布異常性ショック
  • 2.循環血液量減少性ショック
  • 3.心外閉塞・拘束性ショック
  • 4.心原性ショック
今日のクイズに挑戦!