2014年08月05日

採血(1) 注射器での採血


この動画について

【監修】

札幌保健医療大学保健医療学部看護学科

教授 小島 悦子

 

北海道科学大学保健医療学部看護学科

准教授  久賀 久美子

 

「採血(注射器使用)」:必要物品

(1)トレイ 

(2)手袋 (感染予防のために使用)

(3)針捨容器 (針やシリンジ等の感染性廃棄物を使用後すぐに捨てる際に使用)

(4)駆血帯 

(5)真空採血管

(6)注射器(シリンジ) (採血量に適したシリンジを使用)

(7)注射針 (一般的に21~23Gの針を使用)

(8)アルコール綿・絆創膏

(9)指示箋 

(10)肘枕 (患者さんの腕を置くために使用。安定した形状・材質のものを使用)

 

「採血(注射器使用)」:実施手順

(1)患者さんに説明する

患者さんに採血の目的や手順を説明し、採血する患者さんに間違いがないか、本人確認をする

 

(2)患者さんに注射前の準備をする

衣服等を整え、肘枕の上に肘を伸ばした状態で腕を乗せてもらう

 

(3)駆血帯を巻く

刺入部位の約10㎝上に駆血帯を巻き、血管を確認する

■ポイント■

弾力があり、太く、まっすぐで、拍動がない静脈を選ぶ

 

(4)刺入部位を消毒する

アルコール綿で刺入部位を中心に外側に円を描くように消毒し、乾燥をするまで待つ

【根拠:アルコールが乾燥するまで待つのはなぜ?】
アルコールは乾燥していないと消毒効果がないため、乾燥したことを必ず確認する

 

(5)刺入する

親指で、刺入部位から約10cm下皮膚を伸展させる

■根拠:親指で皮膚を伸展させるのはなぜ?■

皮膚を伸展させることで、血管が固定されるので、針が刺しやすくなる

■ポイント:刺入角度■

注射針のカット面を上にして、血管の走行に合わせて、10~20度の角度で刺入する

⇒針が血管に刺入したら、針の角度を少なくして針を少し進める

 

(6)必要量の血液を採取する

注射器をしっかりと固定したまま、皮膚を引いていた手を離し、内筒をゆっくり引いて必要量を採取する

⇒患者さんに痛みやしびれがないかを確認し、異常があれば抜針する

 

(7)駆血帯を外し、抜針する

注射器を固定したまま駆血帯をはずし、針を抜く

■ポイント■

針を抜くと同時に、刺入部位をアルコール綿で押さえ、患者さんに圧迫してもらう

 

(8)スピッツに分注する

採取した血液は、患者さんが注射部位を圧迫している間に、試験管立てのスピッツに自然吸引にまかせてゆっくりと分注する

■ポイント■

抗凝固剤入りの試験管は、数回、静かに転倒混和する

 

(9)後片付けをする

使用した注射器と注射針はリキャップせずに、専用の針捨容器に入れる

関連記事

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1330
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1253
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1151
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1165
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
883
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
608
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者524

◆せん妄の問題◆以下の症例の中でせん妄を発症していると推察できるものはどれでしょうか?

  • 1.88歳女性、頭部外傷にて入院中の患者さん。入院時、CTにて器質的変化を認め、手術不適応とされた。意識レベルは昏睡であり、刺激すると除脳硬直が起こります。
  • 2.35歳男性、15歳より統合失調症にて外来治療中の患者さん。薬の自己休薬により幻覚・妄想が強くなったため入院。幻覚や妄想はあるが、他者との日常的なあいさつや、感謝を示すなど対人面の問題はない。
  • 3.77歳女性。財布をしまった場所や通院日を間違えたりなど、物忘れがひどくなっているため、来院した。
  • 4.88歳女性、肺がんにて外来治療中の患者さん。3日前より発熱を認め、肺炎にて入院した。夜間不眠の訴えあり、睡眠薬を内服した。その後より「家に帰らなきゃ」と、落ち着かない様子で荷物の整理を始めた。
今日のクイズに挑戦!