2014年08月05日

採血(1) 注射器での採血


この動画について

【監修】

日本医療大学保健医療学部看護学科

准教授 小島 悦子

 

北海道科学大学保健医療学部看護学科

講師 久賀 久美子

 

「採血(注射器使用)」:必要物品

(1)トレイ 

(2)手袋 (感染予防のために使用)

(3)針捨容器 (針やシリンジ等の感染性廃棄物を使用後すぐに捨てる際に使用)

(4)駆血帯 

(5)真空採血管

(6)注射器(シリンジ) (採血量に適したシリンジを使用)

(7)注射針 (一般的に21~23Gの針を使用)

(8)アルコール綿・絆創膏

(9)指示箋 

(10)肘枕 (患者さんの腕を置くために使用。安定した形状・材質のものを使用)

 

「採血(注射器使用)」:実施手順

(1)患者さんに説明する

患者さんに採血の目的や手順を説明し、採血する患者さんに間違いがないか、本人確認をする

 

(2)患者さんに注射前の準備をする

衣服等を整え、肘枕の上に肘を伸ばした状態で腕を乗せてもらう

 

(3)駆血帯を巻く

刺入部位の約10㎝上に駆血帯を巻き、血管を確認する

■ポイント■

弾力があり、太く、まっすぐで、拍動がない静脈を選ぶ

 

(4)刺入部位を消毒する

アルコール綿で刺入部位を中心に外側に円を描くように消毒し、乾燥をするまで待つ

【根拠:アルコールが乾燥するまで待つのはなぜ?】
アルコールは乾燥していないと消毒効果がないため、乾燥したことを必ず確認する

 

(5)刺入する

親指で、刺入部位から約10cm下の皮膚を伸展させる

■根拠:親指で皮膚を伸展させるのはなぜ?■

皮膚を伸展させることで、血管が固定されるので、針が刺しやすくなる

■ポイント:刺入角度■

注射針のカット面を上にして、血管の走行に合わせて、10~20度の角度で刺入する

⇒針が血管に刺入したら、針の角度を少なくして針を少し進める

 

(6)必要量の血液を採取する

注射器をしっかりと固定したまま、皮膚を引いていた手を離し、内筒をゆっくり引いて必要量を採取する

⇒患者さんに痛みやしびれがないかを確認し、異常があれば抜針する

 

(7)駆血帯を外し、抜針する

注射器を固定したまま駆血帯をはずし、針を抜く

■ポイント■

針を抜くと同時に、刺入部位をアルコール綿で押さえ、患者さんに圧迫してもらう

 

(8)スピッツに分注する

採取した血液は、患者さんが注射部位を圧迫している間に、試験管立てのスピッツに自然吸引にまかせてゆっくりと分注する

■ポイント■

抗凝固剤入りの試験管は、数回、静かに転倒混和する

 

(9)後片付けをする

使用した注射器と注射針はリキャップせずに、専用の針捨容器に入れる

関連記事

いちおし記事

胃カメラで改めて実感 手の力

看護師の「手」にどれだけの患者さんが救われてきたことか…。 [ 記事を読む ]

早期経口摂取の注意点は?

術後の食事開始の時期は、少しずつ早まってきています。気をつけたいことは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

自分ががんになったら…補完代替療法、行いたい?

投票数:
862
実施期間:
2018年10月02日 2018年10月23日

「看護師辞めたい」と「看護師やっててよかった!」どっちを思うことが多い?

投票数:
830
実施期間:
2018年10月05日 2018年10月26日

業務時間内に仕事が終わったけど周りはまだ仕事中…そんな時どうする?

投票数:
781
実施期間:
2018年10月09日 2018年10月30日

細かすぎて伝わらない喜び選手権!

投票数:
497
実施期間:
2018年10月16日 2018年11月06日

つばを吐きかけた患者に平手し減給処分。同じ看護師としてどう思う?

投票数:
421
実施期間:
2018年10月17日 2018年11月07日

看護実習、ブラックだった?

投票数:
187
実施期間:
2018年10月18日 2018年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2423

胃瘻造設のために長期療養型施設から転院してきた89歳男性のOさん。現在、発熱などの症状はなく、全身状態は安定しています。サマリーには「尿失禁があり、尿道留置カテーテルを挿入中」「尿培養の検査で大腸菌が検出されたのでレボフロキサシン(LVFX)を内服中」との記載がありました。Oさんへの対応で、最も適切なものは次のうちどれでしょうか?

  • 1.尿路感染予防のため、尿道周囲を毎日、消毒薬で消毒する。
  • 2.尿から細菌が検出されているため、尿路感染症と申し送りをした。
  • 3.尿路感染症の予防には、間欠導尿よりカテーテル留置の方が良いため、そのままカテーテルを留置しておいた。
  • 4.尿失禁にはおむつで対応することとし、尿道留置カテーテルは抜去した。
今日のクイズに挑戦!