2014年08月05日

採血(1) 注射器での採血


この動画について

【監修】

日本医療大学保健医療学部看護学科

准教授 小島 悦子

 

北海道科学大学保健医療学部看護学科

講師 久賀 久美子

 

「採血(注射器使用)」:必要物品

(1)トレイ 

(2)手袋 (感染予防のために使用)

(3)針捨容器 (針やシリンジ等の感染性廃棄物を使用後すぐに捨てる際に使用)

(4)駆血帯 

(5)真空採血管

(6)注射器(シリンジ) (採血量に適したシリンジを使用)

(7)注射針 (一般的に21~23Gの針を使用)

(8)アルコール綿・絆創膏

(9)指示箋 

(10)肘枕 (患者さんの腕を置くために使用。安定した形状・材質のものを使用)

 

「採血(注射器使用)」:実施手順

(1)患者さんに説明する

患者さんに採血の目的や手順を説明し、採血する患者さんに間違いがないか、本人確認をする

 

(2)患者さんに注射前の準備をする

衣服等を整え、肘枕の上に肘を伸ばした状態で腕を乗せてもらう

 

(3)駆血帯を巻く

刺入部位の約10㎝上に駆血帯を巻き、血管を確認する

■ポイント■

弾力があり、太く、まっすぐで、拍動がない静脈を選ぶ

 

(4)刺入部位を消毒する

アルコール綿で刺入部位を中心に外側に円を描くように消毒し、乾燥をするまで待つ

【根拠:アルコールが乾燥するまで待つのはなぜ?】
アルコールは乾燥していないと消毒効果がないため、乾燥したことを必ず確認する

 

(5)刺入する

親指で、刺入部位から約10cm下の皮膚を伸展させる

■根拠:親指で皮膚を伸展させるのはなぜ?■

皮膚を伸展させることで、血管が固定されるので、針が刺しやすくなる

■ポイント:刺入角度■

注射針のカット面を上にして、血管の走行に合わせて、10~20度の角度で刺入する

⇒針が血管に刺入したら、針の角度を少なくして針を少し進める

 

(6)必要量の血液を採取する

注射器をしっかりと固定したまま、皮膚を引いていた手を離し、内筒をゆっくり引いて必要量を採取する

⇒患者さんに痛みやしびれがないかを確認し、異常があれば抜針する

 

(7)駆血帯を外し、抜針する

注射器を固定したまま駆血帯をはずし、針を抜く

■ポイント■

針を抜くと同時に、刺入部位をアルコール綿で押さえ、患者さんに圧迫してもらう

 

(8)スピッツに分注する

採取した血液は、患者さんが注射部位を圧迫している間に、試験管立てのスピッツに自然吸引にまかせてゆっくりと分注する

■ポイント■

抗凝固剤入りの試験管は、数回、静かに転倒混和する

 

(9)後片付けをする

使用した注射器と注射針はリキャップせずに、専用の針捨容器に入れる

関連記事

いちおし記事

寄り添う看護

みなさんが思う「患者さんに寄り添う看護」はどんなもの? [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護や医療系の1日セミナー、いくらまでなら自腹で参加費を支払う?

投票数:
1170
実施期間:
2018年11月23日 2018年12月14日

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1034
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1032
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1086
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
957
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
890
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
582
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者197

がん末期の79歳の女性患者さん。自分の人生は残り少ないので、どうしても家に帰りたいと希望しています。ご家族は女性患者さんの希望を受け入れてあげたいと思っていますが、自宅で介護する自信がなく、どうしたらいいのか悩んでいます。そこで、女性患者さんと家族の双方の思いを酌んだ在宅移行ができないか、退院調整のスタッフから相談を受けました。以下、退院調整スタッフへの回答として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.訪問看護を利用し、ご家族は女性患者さんの思いを受け入れて、介護指導を受けながら精一杯頑張るよう説得するべきだと提案した。
  • 2.ご家族の不安が大きいので、訪問看護を利用するか、ホスピスへの移行を提案した。
  • 3.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる看護小規模多機能型居宅介護の利用を提案した。
  • 4.介護負担が増大しないように、訪問看護と泊まりのサービスを定期的に利用することのできる居宅療養管理指導の利用を提案した。
今日のクイズに挑戦!