包帯法

包帯法とは創傷処置の1つで、患部の保護・固定・圧迫・牽引などが目的となります。この章では、基本となる包帯の巻き方から、前腕・肘・下肢など部位ごとの包帯の巻き方の手順・コツ等を解説します。

(1)基本的な巻き方(環行帯→らせん帯)

包帯法における基本的な包帯の巻き方(環行帯→らせん帯)の方法・手順・コツ等を解説します。
[ 動画を見る ]

(2)前腕への巻き方(環行帯→麦穂帯)

包帯法における前腕への包帯の巻き方(環行帯→麦穂帯)の方法・手順・コツ等を解説します。
[ 動画を見る ]

(3)肘への巻き方(環行帯→麦穂帯)

包帯法における肘への巻き方(環行帯→麦穂帯)の方法・手順・コツ等を解説します。
[ 動画を見る ]

(4)下肢への巻き方(環行帯→麦穂帯)

包帯法における下肢への巻き方(環行帯→麦穂帯)の方法・手順・コツ等を解説します。
[ 動画を見る ]