2015年06月19日

挿入介助|中心静脈カテーテル(中心静脈栄養法)(5)


【監修】

東京労災病院 看護部

監修者・監修病院についての詳細

 

中心静脈カテーテル挿入は無菌的操作で実施

中心静脈カテーテル挿入の際は、感染予防のため無菌的操作で実施する必要があります。

医師をはじめ看護師も手袋、エプロン、マスク、キャップなどを身に着けて、感染予防に努めるようにします。

 

穿刺部位の消毒手順

穿刺部位の消毒は、「広範囲に」かつ「内側から外側に向けて」消毒します。

このとき、患者さんには顔を穿刺部と逆の方向へ軽く倒してもらうように促すとよいでしょう。

 

 

中心静脈カテーテルの介助の手順

(1)【医師】穴あきドレープをかける

 

(2)【看護師】中心静脈カテーテルキットを開封して医師に清潔に取り出してもらう

 

(3)【看護師】滅菌ガーゼを開封して医師に渡す

 

(4)【看護師】生理食塩液を開封し、薬杯に注ぐ

⇒この際、薬杯に触れないように清潔を保つことがポイント。

 

(5)【医師】穿刺針に生理食塩液を吸い上げる

 

(6)【看護師】医師が局所麻酔を実施する前に、麻酔薬のアンプルをカットし、医師が吸い上げやすいように斜めに傾ける

 

(7)【看護師】カテラン針を清潔に医師に渡す

 

(8)【医師】医師は注射針とカテラン針を取り換える

 

※これ以降の流れは、医師が実施する

関連記事

  • 平均寿命では世界一の日本が27位? [07/11up]

    世界五大医学雑誌のひとつ『The Lancet』で発表されたあるランキングで、台湾は188か国中32位、日本が27位という結果でした。この結果について紹介した、FOUCUS TAIWAN(フォーカス台湾)の記事をご紹介します。 ... [ 記事を読む ]

  • 三大栄養素の基本的構造|栄養と代謝 [10/16up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 大腸の働き|消化吸収   今回は、三大栄養素の基本的構造について解説します。   〈目次〉 栄養素 糖... [ 記事を読む ]

  • 栄養剤投与時のトラブルを防ぐ|PEGケア [05/03up]

    『病院から在宅までPEG(胃瘻)ケアの最新技術』より転載。 今回は栄養剤投与時のトラブル防止について説明します。   Point 栄養剤注入時のトラブルとしては、嘔吐、胃食道逆流、下痢、便秘、栄養剤... [ 記事を読む ]

  • 「PEGカテーテル管理」に関するギモン|PEGケアQ&A [10/04up]

    『病院から在宅までPEG(胃瘻)ケアの最新技術』より転載。 今回は「PEGカテーテル管理」に関するギモンについて説明します。   〈目次〉 カテーテルは問題なく回転しているのですが、患者が痛がります。何... [ 記事を読む ]

  • TCA回路|栄養と代謝 [10/28up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 解糖系と糖新生|栄養と代謝 今回は、TCA回路について解説します。   〈目次〉 TCA回路 細胞内呼吸 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

祝☆書籍発売!ぴんとこなーすができたわけ

「看護はつらいよ楽しいよ」魅力伝えるマンガを描くに至った想いとは? [ 記事を読む ]

熱中症のケア

熱中症の重症度は3段階。各症状に応じた対応をまとめした。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

忘れられない患者さん、いますか?

投票数:
896
実施期間:
2018年06月26日 2018年07月24日

実録! わたしの周りの「浜田師長」

投票数:
813
実施期間:
2018年06月29日 2018年07月27日

洒落にならないほど怖い心霊体験ありますか…? 

投票数:
803
実施期間:
2018年07月03日 2018年07月31日

看護師は見た! 院内恋愛の修羅場事情

投票数:
757
実施期間:
2018年07月06日 2018年08月03日

新人ナース限定!誰にも言えない「甘え」や「弱音」抱えてない?

投票数:
617
実施期間:
2018年07月10日 2018年08月07日

落ち込んだ心を救ってくれたあの人の一言

投票数:
679
実施期間:
2018年07月17日 2018年08月14日

新人ナースのICU配属 アリ?ナシ?

投票数:
656
実施期間:
2018年07月13日 2018年08月14日

「師長自慢」ありますか?

投票数:
476
実施期間:
2018年07月20日 2018年08月17日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者627

30歳男性のAさんは、昨日から咳嗽と鼻汁があり、午前中に近医で風邪薬を処方されて帰宅しました。昼食後、処方薬を内服後に全身の発疹と呼吸困難が出現したため、救急搬送となりました。下図のデータから、Aさんはショック状態に陥っていると思われますが、以下のうち、どのショック分類に当てはまるでしょうか?

  • 1.循環血液量減少性ショック
  • 2.心原性ショック
  • 3.心外閉塞・拘束性ショック
  • 4.血液分布異常性ショック
今日のクイズに挑戦!