挿入部の固定と接続 | 中心静脈カテーテル(中心静脈栄養法)【7】

【監修】

東京労災病院 看護部

 

中心静脈カテーテル挿入部の接続と固定

中心静脈カテーテル縫合の後、すみやかに実施する必要があります。

 

接続と固定:実施手順

(1)まず、接続部の消毒を行う

 

 

■ポイント■

消毒は穿刺部から縫合部へと広範囲に中心から外側に向けて消毒する

 

(2)消毒液が乾いたら、空気が入らないようにドレッシング材で覆う

⇒このとき、ドレッシング材の切れ込みとカテーテルの位置を合わせる

 

 

(3)ドレッシング材のフレーム部分のシールをはがして貼り付ける

 

 

(4)カテーテルをループさせ、固定用テープで押さえる

 

 

(5)接続部を滅菌ガーゼで包み、固定用絆創膏で固定する

⇒このとき、衣服などがカテーテルに干渉しないように考えて固定するように注意する

 

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ