2015年06月19日

輸液製剤の取り扱い|中心静脈カテーテル(中心静脈栄養法)(3)


【監修】

東京労災病院 看護部

監修者・監修病院についての詳細

 

輸液製剤とは?

輸液製剤は、中心静脈栄養法で使用するものです。

多くの輸液製剤は薬剤変化を防ぐために、複数の種類の輸液が隔壁によって分けられています

使用する際は、この隔壁を開通して輸液を混合し、カテーテルを介して注入します。

 

輸液製剤の開封手順

(1)カバーやストッパーを取り外します。

 

(2)いちばん大きな袋の部分を絞り込むように押します。すると、それぞれの小部屋同士を隔てていた隔壁がはがれて開通します。

 

(3)開通したら、バッグ全体を振って、中身をよく混ぜ合わせます。

 

(4)最後にセーフゲートを開通させます。

 

■ポイント■

ビタミンを含む輸液製剤の場合は、光によるビタミンの分解を防ぐためにも遮光袋をかぶせます

※隔壁開通後はすみやかに使用します。

関連記事

いちおし記事

准看護師を選んだ理由で一番多いのは?

現状に不満は?将来像は?本音が集まりました。 [ 記事を読む ]

輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?

ルート内に空気が入った場合、どれくらいまで大丈夫? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

最近の新人教育の方針は?

投票数:
873
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
803
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
682
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4153

以下の中で、拘束性換気障害に分類される疾患はどれでしょうか?

  • 1.気管支喘息
  • 2.慢性気管支炎
  • 3.肺気腫
  • 4.間質性肺炎
今日のクイズに挑戦!