1. 動画でわかる!看護技術>
  2. 採血> 簡易血糖測定の実施

2015年06月18日

簡易血糖測定の実施 | 採血(4)


【監修】

筑波大学附属病院 看護部

小山記念病院 看護部

監修者・監修病院についての詳細

 

簡易血糖測定の実施手順

【1】患者さんの氏名を確認する

 

【2】検査の目的や採血の方法を説明し、同意を得る。同時に低血糖症状など自覚症状の有無も確認する

 

【3】検査実施前に、患者さんに石鹸で手洗いをしてもらう

 

【4】看護師は、手指衛生を行い手袋を着用する

 

【5】血糖測定器の電源を入れ、動作確認をしたあと、測定用チップのシールをはがし、血糖測定器のセンサー挿入口へ奥まで挿入する

 

【6】新しい針を穿刺器具の先端に装着する


【7】患者さんにアルコールの過敏症やアレルギーの有無を確認したあと、穿刺部位を消毒する

 

【8】穿刺部位を選択し、患者さんにその部位をマッサージしてもらう

■ポイント:穿刺部位の選びかた■

穿刺部位は手の指先や耳たぶなど、検査のたびに毎回位置を変えてもらうようにする

■根拠■

同じところに繰り返し穿刺すると、皮膚が硬くなり、採血しにくくなるため

 

■ポイント:穿刺部位の圧迫■

指を穿刺部位にする場合は、軽く指を圧迫しておくと血液が出やすくなる

 

【9】患者さんに同意を得たあと、穿刺部位に器具を当て、ボタンを押す

 

【10】穿刺したあと、軽く指先で押して血液を出す。血液の量は、直径2mmの球になる程度

 

■ポイント:血液の量を直径2mm程度にする理由■

無理に押すとリンパ液などが混入し、血糖値が低く出てしまう恐れあり。あくまで軽く押す程度にとどめることが重要

 

【11】血糖測定用電極の先端部を血液に触れさせる。数値を読み取り、患者さんにその数値を伝えるようにする

 

【12】穿刺部をアルコール綿などで圧迫止血する

 

■ポイント:耳たぶに穿刺するときの注意点■

耳たぶは薄いので、裏側を指で支えないようにする

 

 

■根拠■

針が深く入ると耳たぶを貫通し、看護師の指に刺さる危険性があるため

 

【13】穿刺針を下に向け、廃棄する。一度使った針はキャップせずにそのまま捨てる

 

■ポイント:リキャップをせずに廃棄する理由■

リキャップすると未使用品との区別がつきにくくなり、また自分の指をさしてしまう可能性があるため


【14】測定用チップをはずし、挿入口をアルコール綿で清拭する

 

【15】最後に手袋をはずし、衛生学的手洗いをして終了

関連記事

いちおし記事

看護師を選んだ理由がわからなくなった…

モヤモヤを抱えた看護師さんや受験生のみなさん必見です! [ 記事を読む ]

肺炎ってどんな病気?

【ケア】酸素消費量とエネルギーの消費量を最小限に抑えることがポイントです。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

お年玉、何歳までもらってた?

投票数:
1236
実施期間:
2019年01月01日 2019年01月22日

2019年に「がんばりたいこと」は何ですか?

投票数:
1152
実施期間:
2019年01月04日 2019年01月25日

同期との差感じたことあった?

投票数:
1046
実施期間:
2019年01月08日 2019年01月29日

成人式、参加した?

投票数:
1085
実施期間:
2019年01月11日 2019年02月01日

我が家独特の食事メニューある?

投票数:
802
実施期間:
2019年01月15日 2019年02月05日

薬剤のミキシングのとき、手袋はする?しない?

投票数:
406
実施期間:
2019年01月18日 2019年02月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者172

大腸がんで入院中の78歳の女性患者さん。ストーマ造設後、退院が決まっています。退院後は、息子さん夫婦と暮らすことが決まっていますが、息子さん夫婦は仕事をしているため、日中は患者さん一人になってしまいます。ストーマの処置方法を退院指導で行っていますが、なかなか覚えられません。病棟看護師が工夫し、手順書を作成しましたが、便が漏れると慌ててしまい、手順通りの処置が難しい状況です。この患者さんが在宅での生活を安心して送れるようにするために、病棟看護師として適切な対応は次のうちどれでしょうか?

  • 1.息子さん夫婦にもストーマの処置とパウチ交換の方法を教え、パウチから便が漏れてしまったときは、仕事を早退して処置をするように伝えた。
  • 2.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできなければ、息子さん夫婦が帰宅するまでそのままにしておくように伝えた。
  • 3.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできないことを考慮し、訪問看護の導入を主治医に提案し、退院後に利用できるように調整した。
  • 4.ストーマの処置とパウチ交換が患者さん自身でできなければ、すぐに病院に来るように伝えた。
今日のクイズに挑戦!