1. 動画でわかる!看護技術>
  2. 採血> 簡易血糖測定の実施

2015年06月18日

簡易血糖測定の実施 | 採血(4)


【監修】

筑波大学附属病院 看護部

小山記念病院 看護部

監修者・監修病院についての詳細

 

簡易血糖測定の実施手順

【1】患者さんの氏名を確認する

 

【2】検査の目的や採血の方法を説明し、同意を得る。同時に低血糖症状など自覚症状の有無も確認する

 

【3】検査実施前に、患者さんに石鹸で手洗いをしてもらう

 

【4】看護師は、手指衛生を行い手袋を着用する

 

【5】血糖測定器の電源を入れ、動作確認をしたあと、測定用チップのシールをはがし、血糖測定器のセンサー挿入口へ奥まで挿入する

 

【6】新しい針を穿刺器具の先端に装着する


【7】患者さんにアルコールの過敏症やアレルギーの有無を確認したあと、穿刺部位を消毒する

 

【8】穿刺部位を選択し、患者さんにその部位をマッサージしてもらう

■ポイント:穿刺部位の選びかた■

穿刺部位は手の指先や耳たぶなど、検査のたびに毎回位置を変えてもらうようにする

■根拠■

同じところに繰り返し穿刺すると、皮膚が硬くなり、採血しにくくなるため

 

■ポイント:穿刺部位の圧迫■

指を穿刺部位にする場合は、軽く指を圧迫しておくと血液が出やすくなる

 

【9】患者さんに同意を得たあと、穿刺部位に器具を当て、ボタンを押す

 

【10】穿刺したあと、軽く指先で押して血液を出す。血液の量は、直径2mmの球になる程度

 

■ポイント:血液の量を直径2mm程度にする理由■

無理に押すとリンパ液などが混入し、血糖値が低く出てしまう恐れあり。あくまで軽く押す程度にとどめることが重要

 

【11】血糖測定用電極の先端部を血液に触れさせる。数値を読み取り、患者さんにその数値を伝えるようにする

 

【12】穿刺部をアルコール綿などで圧迫止血する

 

■ポイント:耳たぶに穿刺するときの注意点■

耳たぶは薄いので、裏側を指で支えないようにする

 

 

■根拠■

針が深く入ると耳たぶを貫通し、看護師の指に刺さる危険性があるため

 

【13】穿刺針を下に向け、廃棄する。一度使った針はキャップせずにそのまま捨てる

 

■ポイント:リキャップをせずに廃棄する理由■

リキャップすると未使用品との区別がつきにくくなり、また自分の指をさしてしまう可能性があるため


【14】測定用チップをはずし、挿入口をアルコール綿で清拭する

 

【15】最後に手袋をはずし、衛生学的手洗いをして終了

関連記事

いちおし記事

准看護師を選んだ理由で一番多いのは?

現状に不満は?将来像は?本音が集まりました。 [ 記事を読む ]

輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?

ルート内に空気が入った場合、どれくらいまで大丈夫? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

最近の新人教育の方針は?

投票数:
858
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
788
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
657
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者359

以下の中で、拘束性換気障害に分類される疾患はどれでしょうか?

  • 1.気管支喘息
  • 2.慢性気管支炎
  • 3.肺気腫
  • 4.間質性肺炎
今日のクイズに挑戦!