1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95>
  4. 術後1日目の尿路ストーマの観察ポイントは?|尿路ストーマの術後ケア

2019年07月27日

術後1日目の尿路ストーマの観察ポイントは?|尿路ストーマの術後ケア

『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95』より転載。
今回は、術後1日目の尿路ストーマの観察ポイントについて解説します。

術後1日目の尿路ストーマの観察ポイントは?

粘膜の浮腫が強くなってくる時期です.ストーマ装具の外縁で粘膜を損傷していないか,ストーマ装具のホールカットの大きさは適切かを観察します.
また,術直後と比較してカテーテルの挿入した長さに異常はないか,カテーテルからの排尿は正常かを観察します(図1).

図1カテーテルが挿入されているストーマ

カテーテルが挿入されているストーマ

 

解説

1術直後のストーマ装具

現在は,術直後からストーマ装具を装着することがほぼ定着していますが,術直後に使用する装具の条件は,①透明であること,②二品系もしくは単品系でもウインドウつきなどで直接粘膜やカテーテルへの処置ができること,③逆流防止弁がついていること,が求められます.

初回の装具交換をいつ行うかは施設によって異なりますが,二品系もしくはウインドウつきの装具で直接カテーテルなどの処置ができる状態,透明で尿やストーマ粘膜が確実に観察できる状態が確保されていれば,手術翌日にあえて交換する必要はありません.

 

2ドレーン管理

この時期は24時間床用蓄尿袋を装着しドレナージを行っていることが多いので,接続部位のはずれ,チューブのねじれがないかを観察し,確実にドレナージされていることを確認します.

チューブトラブルなどでドレナージがスムーズに行われないと,採尿袋内に尿が充満し,カテーテルの先端が尿に浸かってしまう状態になります.逆行性の感染の可能性がきわめて高くなります.

尿路ストーマの場合は,ドレナージ不全が感染のリスクに直結しますので,細心の注意が必要です.

手術から一夜明け,疼痛コントロールがされていれば,患者は自身の身体がどのような状態になっているのか,多少考える余裕が出てきます.ストーマについて,自ら言語表出がある場合は傾聴します.

 


[参考文献]

  • 1)日本ET/WOC協会編.ストーマケア エキスパートの実践と技術.照林社,2007.
  • 2)新島端夫監修,北川龍一ほか編.標準泌尿器科学.第3 版.医学書院,1989.
  • 3)ストーマリハビリテーション講習会実行委員会編.ストーマリハビリテーション 実践と理論,金原出版,2006.
  • 4)海田真治子.尿路ストーマの特徴と術後ケアのポイント.泌尿器ケア.16(4),2011,328─31.

[Profile]
日野岡蘭子 ひのおか・らんこ
旭川医科大学病院看護部看護師長/皮膚・排泄ケア認定看護師

<医学監修>
岩田達也 いわた・たつや
旭川医科大学腎泌尿器外科学講座講師

柿崎秀宏 かきざき・ひでひろ
旭川医科大学腎泌尿器外科学講座教授

*所属は掲載時のものです。


本記事は株式会社メディカ出版の提供により掲載しています。

[出典]『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!』(編著)菅井亜由美/2013年4月刊行

ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1401
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1279
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1157
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1057
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
887
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
649
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2226

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!